ホロスコープ・12ハウスの意味☆【前編】

ハウスについて
スポンサーリンク

こんにちは!星よみセラピストのYUKAです。

星座の解説シリーズが終わったので、今度は『12ハウス』について説明しようと思います^^

まあ、別に知らなくても困らないのですが(笑)

私のブログを読むなら、サインやハウスのことがよく出てくるので、簡単に説明します!

ホロスコープにおけるハウスとは?

そもそもハウスって何?

そもそもハウスって何でしょうか?

このホロスコープはYUKA自身のものですが、、

赤い丸の部分を見てみてください。1〜12まで数字が振ってありますよね?

これがハウスです。

ハウスの役割を簡単に説明すると、「舞台」です。

ホロスコープの「主役」は太陽や月などの10個の惑星たちで、サイン(星座)はその惑星の「性格」を表す、と捉えると分かりやすいです♪

私の例で説明してみると(上の図の二重丸のところです!)、YUKAは太陽が蠍座5ハウスです。

「人生の中で中心となる自分」は、蠍座で、人や物事と深く関わろうとしていく性格を持ちます。

それで、じゃあどういう場所や分野でその性格を発揮するか、、というのが5ハウスの「遊びや創造、セックス、妊娠、子供」となるわけです。

なので、私の太陽の才能を活かすためには「興味のあることを深く、子供のような創造性を持って」取り組むと良い、、という感じでしょうか。

ハウスの分割方法

それでですね、このハウスの分割方法、、どこから1ハウスが始まって、何度ずつに分割するのか?というのは、実はとっても色んな手法があります。

アセンダントのサインをまるっと1ハウスとするホール・サインハウス、メジャーなアセンダントとMCを基準にしたプラシーダス・ハウスやコッホハウスなどなど、、

私自身は鑑定では主にプラシーダスを使用していますが、ホロスコープに慣れてきたら様々なハウスシステムを使ってみるのも面白いかと思います。

12ハウスの意味を解説

ここからは、ハウスの個別の意味を説明していこうと思います!

1ハウスと7ハウス、4ハウスと10ハウス、、と、対で説明していますが、これはホロスコープの円上で見ると対極に位置するハウス同士で、一緒に意味を捉えるようにすると分かりやすいんですね。

さすがに1記事でまとめるのは大変なので(笑)

前編後編に分けて、説明していきます^^

1ハウスと7ハウス

1ハウスというのは「ホロスコープの始まり」です。この1ハウスの始まりの境界線を「アセンダント」と呼びます。

アセンダントっていうのは結構重要で、こちらも参照してみてください☆

アセンダント=始まりというのはつまり、

自分がこの世に生まれた瞬間

を表している、と考えることができます。

スピリチュアルでは、生まれた時間や場所は自分で選んでいるといいますね。

ということは、、アセンダントが「生まれ持った性質」「素の自分」を表している、というのはとても納得がいきます。

だって自分で選んだのだから。。

また、一番初めということで、人から見た時一番最初目に入るのは「外見」ということから「他人から見たときのキャラクター」「外見」「服の好み」なども示す場所です。

続いて7ハウスについて。

7ハウスというのは1ハウスの対極にあるハウスで、「ディセンダント」=西の地平線、という意味合いです。

1ハウスと7ハウスで、地平線を示しています。

7ハウスが示すのは、1ハウス「自分」の向かいにあることから「他者」を表します。

このときの他者というのは”自分に近しい他者”という意味合いで、「結婚相手」「敵対する人」「ビジネスパートナー」などが相当します。

2ハウスと8ハウス

2ハウスはずばり「金運」です。財産、物質的充足、収入、人からの支援、個人的な所有、衣服、靴やアクセサリーなど身に付けるもの、食物など。

8ハウスは、遺産という解釈がメジャーですね。2ハウスの「自分が得る富」に対して8ハウスは「譲り受ける富」というイメージ。

そして8ハウスは西洋占星術では「黄泉の国へ向かう、死の入り口」だと考えられてきました。

古代シュメールの神話、「イナンナの冥界下り」などに示されるように、冥界へ向かう時に装飾品や衣服をはぎ取られることから「損失」のハウスー金銭的な損失や銀行に預けているお金、人に貸しているお金などを表します。

死というところから遺産や遺言など示します。また、心の苦悩、孤独感、内的な変化や成長。

ここまで読んで、8ハウスに惑星があると「やだなあ、、」と思うかもしれませんが、決してがっかりする必要はありません。

それを設定しているということは、成長するために苦難や困難が必要だからです。

3ハウスと9ハウス

3ハウスは「月」と関連づけられてきたハウス。月が毎月1度は巡ってくる地球に近い星であることから、「頻繁に訪れる人や物」の意味があります。

議論、自己表現、書くこと、初等教育、年の近い親戚や兄妹、近所の人、短い旅、手紙、メッセージ、コミュニケーションなど。

9ハウスは「太陽」と結び付けられてきた場所です。

古来、様々な場所で太陽神の信仰があったように、9ハウスには信仰に関する意味づけがされています。

神や宗教、思想、真理、ガイド、知恵を拡大する場所、ヴィジョン、神秘主義、巡礼、専門的な学問、哲学、本、奨学金、出版。

以上が前編6ハウスの基本的な意味です。

ハウスというのは奥が深く解釈に悩むかもしれませんが、意味を他のものと複合的に捉えるとストーンと腑に落ちたりすることも、よくあります。

あとは、多角的に捉えられるからこそ、時間が経ってから腑に落ちる答えが見つかるとか、、。

(だから、ホロスコープを読み解くのって楽しいのです!)

残りのハウスはまた次回解説します!

ここまでお読みくださり、ありがとうございました☆

☆このブログでは「無料ホロスコープ相談」も受け付けています☆

 
  • お悩みや聞きたい事(ジャンルは問いません)
  • 太陽星座と月星座をもとに、お悩みや質問にお答えします!

ご希望の方は、お問い合わせフォームより

①生年月日

②聞きたいことをひとつだけ

を記入して、お送りください☆

 

質問に対してブログ上でお答えさせて頂きます♪(簡単な形式になりますので、がっつり相談したい方はセッションをどうぞ☆)

コメント

  1. […] ホロスコープ・12ハウスの意味☆【前編】ホロスコープ12ハウスの意味について、そもそもハウスとは何?ということと、1・2・3、7・8・9ハウスについてそれぞれ分かりや […]