意識と現実創造

私基準って素晴らしい私になることじゃなくて

こんにちは♪

星よみセラピストYUKAです。

以前、こちらの記事

私基準ー自分の「快不快」「好き嫌い」で判断するのが大事!

って話をしました^^

今回は、これについてもう少し掘り下げてみますね。

ありのままの自分を認めるって、、?

「私を基準に」という時、、

あなたは自分のことをありのまま認めてますか?

言い方を変えてみますね。

あなたは自分の欠点の部分も「好き」ですか?

どういうことかというと、私の例をひとつ。

私はもともと、超人見知りの引きこもり気質で(笑

小さい頃の趣味はジグソーパズルでしたw

けど、社会に出てから「こんな自分じゃダメだ」って思うようになります。

(会話がまともにできないんだから、そりゃそうだ。)

だから『社交的な自分』になれるよう、できる営業マンや接客の本を読みあさって、多分普通の人以上に「どんな人ともスムーズに会話する術」を学んできました。

結果として誰とでも話ができるようになって良かったんですが、この過程で私は「人見知りの自分はダメ」ってしてしまったんです。

だから何というか、「人並みに会話ができるようになった」はずなのに、私はずっと人と話す時に「演じてる感覚」で、、。

そしてあるとき気づきます。

私の中で「社交的な人」「明るい話上手な人」を無意識的に自分の上に置いて、ずっと人見知りの自分にダメ出ししていたことに。

これがね、つまり本来の自分を否定してるってことで、この状態だと「なんか苦しい」の。

なんで苦しいかって、私の人見知りは長所でもあるから。

こういう繊細さを持っていたから、絵を書いたり細かい天然石のアクセサリーを作ったりということが好きだったのに、

「その繊細さダメ!!」

って自分でしてたんだから、そりゃ辛いよなって。

ここを認められたら、ずいぶん気持ちが楽になりました♪

長くなりましたね。笑

でもこういうことなんですよ!

どんな自分であっても、それは才能なんだということ☆

短所に思ってる部分でも、少し見方を変えてみたらいいんです。

暗いんじゃなくて、落ち着いていて冷静だとか。

短気なんじゃなくて、怒りを素直に表現できる勇気と素直さがあるとか。

私の場合は

「有名人だったり大衆受けしている人が正しいんだ」

って外側に正解を設定してたから、苦しかったのよね。

以上、「ありのままの自分を認めよう」というお話でした!

自分のことを、ちょっとだけ考えてみてください♪

ここまでお読みくださり、ありがとうございました^^

[temp id=2]

[temp id=3]

-意識と現実創造
-, , ,

© 2020 星を味方にわたしを輝かそう♪ Powered by AFFINGER5