私の使命;魚座14度のインスピレーション!

わたしの話
スポンサーリンク

こんにちは!

星よみセラピストのYUKAです。

私の使命;魚座14度のインスピレーション

今までしっくりこなかった自分のMC

今回は、私自身の「MC(使命)」のおはなしです。

MCというのは、10ハウスのカスプ(境界線)のことで、

自分の人生においての使命や職業を表す場所

といわれます。

私はこのMCが「魚座」で、スピリチュアルや芸術などをやっていくのが使命って感じです。(だいぶざっくりですが。)

この点においては自分でも超納得!しています(笑)

じゃあなにがしっくりこないのか。

問題は、 私のMC魚座のサビアン

  • 魚座14度「キツネの皮をまとった女性」

で、これがいまいち分からなかったんです。

魚座14度「キツネの皮をまとった女性」って何?

一般的に、このサビアンは

「上品」「巧妙さ、賢さ、要領の良さを発揮」「能ある鷹は爪を隠すの精神で」

、、等々、まぁなんか「品のいい人」っていう感じの解釈がされています。

私自身もいろいろ調べてみると、

キツネの皮って、ようは狩猟の成果物なわけですから、それをまとってるということはこの女性は結構高い身分だということ。

(ヨーロッパなどでは昔から、貴族や富裕層のたしなみとして狩猟が行われてきたそうです)

なるほど、だから上記のような「上品」という解釈になる。

まあ、それによって「能力を発揮していく」という意味合いになるんだろうけど、でも私には

夫の権威を借りて力を発揮する

というふうに思えてしまい、どうもこのサビアンの意味が好きになれなかったんですね。

(だってこれが使命ってさあ…)

ついに「これだ!」という感覚が来た

それが、つい先日ネットで色々調べているうちに『魚座には「愛を受け取るという役目がある』って文章が目に留まり。

この時私は

  あ、これじゃん!!  

と思いました♪

夫の持ってきたキツネの皮(=豊かさとか、愛とか)を喜んで受け取って、「これ良いでしょ!」と喜ぶ女性。

「愛を受け入れて、喜ぶ」こと。

読む人の大部分は「なんだそんなことか」と思うかもしれません。

が。

私は太陽と冥王星コンジャンクションでずっと「自分の存在に対する罪悪感」がありました。

生きてることが申し訳ない。

もとの設定が「自分は迷惑・疎まれる」ってなってた(汗)

だからこそ、私の使命は「愛を受け取ること」なんだ。

そう思ったら、ものすごくこの魚座サビアンに納得できました。

そうして、今の自分の立ち位置、これから心がけること、、こういうのが、自分の中で深く腑に落ちたんです。。

まとめ;星は何通りもの解釈がある

以上が、私の「MCに対する気づき」のシェアでした^^

私はサビアンって「わりとそのまんまのイメージで当たる」と思ってます。

だからこそよく実占でも活用する!

でも、そもそもサビアンって「チャネリングしたイメージ」だから解釈は自由だし、こうして「なんか違うなあ?」って場合もある。

それはそれで良いんですよ。

こういうのは必要なタイミングで分かるようになってるから。

だからこそ、大事なのは「自分の受け取る感覚だよ〜〜〜」ってこと!

選ぶのは、「自分がこれだ!」と感じるものでいい。

そうそう、その「自分の感覚を磨くためにはどうすればいいか」って方のために、、

そういうことを含め、今度から「創造の法則」についても分かりやすくまとめていこうと思ってます。

お読みくださりありがとうございました♪

 

あなたの持って生まれた才能や魅力、強み、、そしてこれから、どんなワクワクの人生を創造していきたいか?を一緒に考えましょう♪

セッションはただ今リニューアル中です。今しばらくお待ちください※

 

▽自分の本来持っている、”無限の創造性”を思い出させてくれる天然石アクセサリー♪

ピアスとアクセサリーのショップは画像をクリック♪

天然石アクセサリーのショップの画像

コメント