ホロスコープのこと ハウスについて

トランスサタニアンと乗り越えるべき課題【1ハウス】

こんにちは☆

[temp id=4]

こちらの続き^^♪

実際に自分にどんな課題があるのか。

それを知るために、トランスサタニアンとハウスを見ていきましょう!

トランスサタニアンが1ハウス

トランスサタニアンー天王星・海王星・冥王星が1ハウスにある方。

1ハウスは「自分自身」を示します。

なので、ここにトランスサタニアンがあるあなたは『自分自身を輝かせること』に課題を感じるでしょう。

例えばここに天王星があるなら独立心が旺盛で、人と違う考えを持っているために「組織やコミュニティ、家族との衝突」を経験するかもしれません。そのため自分で事業を起こすとか、「自分の足で立って生きていく」ようなことが大きくクローズアップされるでしょう。

海王星があるなら感性が豊かで芸術家としての才能がある一方、「現実的な行動に弱い」とか、「自分の才能に甘え、必要な努力しない」ことなどを暗示します。

冥王星ならば「自分自身に潜在的に自信がない」、、自分に対して恐れを持っていることを示しています。

そして、これらの課題を乗り越えるとどうなるか?

「トランスサタニアンが1ハウス」のあなたは、”自分という存在“を強く輝かすことで、社会に貢献できるのです。

経営者になるとか芸術家として才能を開花させるとか、、イメージとしてはそんな感じです。

「じゃどうすればその課題を乗り越えられるの?」

それは、このそれぞれの3天体のテーマを元に、自分に照らし合わせてブロックやつまずきの原因を考えて、見つめてみてください☆

これまで解説してきたテーマや上記の内容に「ドキッ」としたあなた。

チャンスですよ!!

例えば海王星があって、上記のように「才能はあるのに現実的行動に弱い自分」を自覚しているのなら、どうすればその才能を社会に生かすことができるのか、考えてみる。

これは「仕事につなげる」っていう意味じゃないんです。

自分の感性(歌でも漫画でもなんでもいい)を、継続してSNSにアップすることーこれは「自分」を通してたくさんの人を楽しませることになり、これもひとつの”貢献”です!

こうして、自分なりにイマジネーションを働かせてみてください♪

特に冥王星が1ハウスにあるあなた。

「自分を輝かす」ということに、とても強い反発を覚えるかもしれません。でも、実はそこが自分の人生に大きく迫ってきているのではないでしょうか?

まずは、「自分はこの思いを手放すんだ!」と”決めること”はとっても有効で、力強い宣言です。

ぜひ、この宣言を実行してみてください。

以上がトランスサタニアンが1ハウスの人の「課題」です!

まぁ、課題っていうと重苦しいので、「これを乗り越えたらレベルアップするよ〜」くらいに、捉えてみてください^^

そして、意外と長くなったので、1ハウスずつ書いていきます!(笑)

12ハウスの人、申し訳ありませんが気長にお待ちくださいね。

それでは☆

[temp id=2]

-ホロスコープのこと, ハウスについて
-, , ,

© 2020 星を味方にわたしの才能を輝かそう♪ Powered by AFFINGER5