ホロスコープのこと ハウスについて 惑星について

トランスサタニアンと乗り越えるべき課題【11ハウス】

こんにちは!

[temp id=4]

トランスサタニアンから、自分の「乗り越えるべき課題」を知ろう!シリーズ。

今回は11ハウスについて解説します♪

トランスサタニアンが11ハウス

トランスサタニアンー天王星・海王星・冥王星が11ハウスにある方。

11ハウスは「幸運、友人、志、自由」などを表します。

なので、ここにトランスサタニアンがあるあなたは「理想の実現」に対して課題を感じやすいです。

このハウスに天王星があると、斬新な切り口で自分の「志・やりたいこと」をやっていこうとするでしょう。そのためにこれまでの”常識”とぶつかることがあるかもしれません。

海王星があると、芸術家には概して「お金がない」イメージが付きまといますが、11ハウスは『自由や楽観』を示すので、それ自体なんとも思ってないとか、もしくはお金のことを心配する必要がない立場にあることが伺えます。

冥王星は「自由や幸運であることへの恐れ」があり、自分の意見をストレートに表現してもいいのか?とか、できる立場にいるのに、自由にやっていいのか?という不安が伴うかもしれません。

11ハウスは「受け取る愛」を示すといわれるハウスです。

だから、「友人やサポーター」など、支援してくれる人に恵まれるし、「NGOやボランティアなどの非営利活動」を示すハウスでもある。

だけど、このハウスにトランスサタニアンがあり『課題』となる場合には、、例えば、自由であるからこそ、孤独を感じるとか、あるいは、「誰かのために」という使命に燃えるために「社会への理不尽さ、不平等性」を感じて怒りを覚えることもあるでしょう。

なので、ぜひトランスサタニアン11ハウスのあなたは、「この世界は自分の注いでいる視点の先が実現する」ということを、意識してみてください。

”お金がない!”という現実にフォーカスし続けていたら、実際にお金がない世界を創造し続けるのです。それと一緒で、”この世界は恵まれない人ばかりだ”という事を注視し続けていたら、その世界をずっと自分の世界に創造し続けます。

「恵まれない」ように見えるのは、その世界のほんの一面です。私は昔、カンボジアに行ったことがありますが、子供たちはみんな笑顔がキラキラして、見ず知らずの私のような日本人を心から歓迎をしてくれ、、「この人たちの心はなんて豊かなのだろう」と感じずにはいられませんでした。

どんな世界でも、どんな出来事でも、必ず「光と闇」の側面はあります。

だからこそ、光の側面を見て自分の感情で感じきることで、そこがますます拡大されます。

この事を理解していれば、11ハウスのあなたが「志」を実現していくことがもっともっと楽になるはずです♪

そうしてこの課題を乗り越えると、どうなるか。

トランスサタニアン11ハウスのあなたは、自分の幸運をまわりのため&世界のために拡げていく役割があります。

自分だけが幸せになっていいのか?ーーーいいのです☆

まず自分が幸せになる事で、「他の誰かに影響を与えることができる」のですから^^

以上が、トランスサタニアンが11ハウスの人の課題でした♪

[temp id=2]

-ホロスコープのこと, ハウスについて, 惑星について
-, , , ,

© 2020 星を味方にわたしを輝かそう♪ Powered by AFFINGER5