トランジット 惑星について

トランジット土星の影響はしんどい〜!

こんにちは!

ホロスコープと引き寄せで私を輝かせる。

星よみセピストYUKAです♪

 

今回はめずらしくトランジットの話をしてみます。

これがまさに今の私の心境を表していて、「やっぱりホロスコープは面白いなあ〜!!」って思ったので。

(いや、大変なんですけどね。笑)

 

トランジット土星の影響はしんどい!!

トランジットとは??

トランジットとは簡単にいえば、

「今動いてる惑星が、私の出生ホロスコープに与える影響」のことです。

 

例えば私の太陽は蠍座なのですが、、

今、現行の『水瓶座・土星』とスクエアなのです。

 

土星というのは試練の星。

イメージとしては「厳しい部活動顧問の先生に見張られてる」ような感じ(笑)

 

だからバンバン課題や葛藤が来て大変なんだけど、

でもそれを乗り越えると

「あれ?簡単に球が投げられる、、!!(※野球部イメージ)」みたいな。

 

(今ちょうど甲子園が行われてますが、面白いですよね〜!!)

 

なので、土星の役割としては「厳しくすることで成長を促す」ような役割があるんですよね。

 

土星はやっぱりしんどい!

だけど。

実際に土星の影響を受けると、も〜〜〜しんどい!!(笑)

 

ちなみに私のチャートでは、土星の位置が8ハウスになるので、けっこう感情的に深い苦しみや葛藤を味わっている最中です、、。

 

この土星をくわしく見てみると、、

サビアンは水瓶座11度:『自分の閃きと向き合う男』。

 

判断の基準を社会におくのではなく、自分の意識と向き合って、純粋意識の働きから判断しようとすること。

内なる霊感とガイドと向き合う。

 

これが試練としてドーーーンと、来るんですね。

だから私自身の感覚として、「やりたいことをどうしていきたいの??」って、すごく試されている感じがある!

 

水瓶座からのメッセージ

でも、、いまこの水瓶座サビアンを書いててちょっと震えたんですが。

これってそもそも、私たちみんなに必要な前提ですよね!!

 

例えば私が占いを仕事として始める時にまっさきに意識したことが、これなんですよ。

占い、というか私の場合は「自分が悩んでばかりの人生だったので同じような思いをしている人の助けをしたい」ってことだったんですね。

 

で、、その時に【決めた】ことが

すべて必要なもの、情報、答えは自分の中にあるということ。

 

これは、自分に対しても誰か他人に対しても、そう。

 

 

普通はね、人にセッションを提供しようと思ったら、、

カウンセラーの資格を取ろうとしたり、どこかのスクールに通うことが一般的だと思うんです。

 

でも。

「すべてを、私は既に持っている」なら、どうか??

 

その時に出てきたのが、私の場合は

「実は好きだったのに、怪しすぎてなかったことにしていた占いやタロット」でした(笑)

 

そう。初めは怖かった。

 

「こんなの受け入れられるかな」

「あんまし人に言えないことしてるな私」

 

とかとか、、。

 

でも、実際にやってみたら、こんなに楽しくて自分に合ってることはないなあって思ったんです。

 

そもそもホロスコープの研究をするのがマニアック好きの私としては面白いし、それを解説することで喜んでくれる人たちがいる。

 

しかもセッションについても、私自身がこれまで「接客や社交」をめちゃくちゃ鍛えてきたのがものすごく役に立った。

これね、当時は別に将来こういうことをするために、接客をしていたわけじゃないんです。

当時は本当に必死で大変で、「なんで私こんなことやってるんだろ」ってよく思ってました。

 

でも、、その経験がこうして役に立っているっていうのは、やっぱり私が「ある」って方に意識に目を向けたから。

 

ただそれだけ。

 

ただ「ある・持ってること」ーーー自分の直感や霊性に従えばいいんだよってこと。

 

ここに世間の常識とか、他人のアドバイスって全くいらなくて、

判断基準は自分がうきっとすること、心が軽くなることです。

 

「霊感とかガイド」って言われると怪しさ満点ですけど、それって紐解けばこういうこと。

 

 

土星の話から思わぬ方へ話が広がっていきましたね(笑)

私も土星はしんどいですが、でもやっぱり「すべてある」ってことは分かっているので、、

 

自分の経過観察を楽しんでいこうと思います(笑)

 

 

-トランジット, 惑星について
-, ,

© 2021 ホロスコープでわたしを輝かそう♪ Powered by AFFINGER5