ホロスコープのこと ハウスについて 仕事のお悩み 鑑定のシェア

MC=仕事や使命で、職業を言わないのはなぜ?

先日MC水瓶座についての記事を書いた時、たまたま読んだ夫が

仕事の相談なのに”この職業がいい”とは言わないの?

とポツリ。

これにはいくつか理由があるのですが、、

確かにもっともな意見だったので、それに対する私の考えを書いていこうと思います^^

私がホロスコープで「職業」を言わないワケ

私は、セッションなどで仕事のことを聞かれたら、

  • MCや主要星座からみた使命・方向性・性格
  • ホロスコープでの財運
  • もっと活躍するためのヒント

こういったことを詳しくみています。(もちろんリクエストがあれば、他のことも。)

はっきりと「この職業が良い」ってことはあまり言いません。

なぜって、

MCが魚座ならスピリチュアルとか、牡牛座なら感覚を活かすとか、星座ごとの傾向はありますよ。

この前の"MC水瓶座"で言えば「革新的なモノ・先端テクノロジーとか情報系のもの」が向いている、、といったところでしょうか。

でもこれ、かなりフワッとしてません??

「新しい」って、突き詰めると、ある意味どこにでも通じる概念ですからね。こういうことが、どの星座においても起きる。

そう考えると、結局、何でもいいんですよ。

なぜなら、それは自分で決めれる事だから。

私たちには選ぶ自由があって、何にでもなれるんですよ。

それくらいの無限の可能性と力が私たちひとりひとりにあるんです。

これが大大大前提!

なのに、「ホロスコープで〇〇だから仕事は〇〇がいい」って言っちゃったら、その人の可能性を狭めちゃいません??

もったいない!!!

もし「仕事を決めてくれ」と思っている人がいたら、厳しい言い方ですが、それは自分の可能性を信じることができていないだけ。。

だったら、その「否定」の部分を取り払って、自分の「好き」を思い出したらいいんだよねって事で、私は「創造の法則(引き寄せのことね)」も記しているのです。

そうやって、自己肯定感を取り戻して、「好き」「ワクワク」という感情を羅針盤に行動していくと?

これが結局は自分の魂のデザインに従うってこと。

ホロスコープも魂のデザインですから。

なので、ホロスコープというのはその「魂のデザイン」を思い出させてくれたり、方向性を教えてくれるもの、、と私は考えています。

だから、それを知ることで、「あぁ!そうだった!」と、思い出したような、深く安心するような、そんな感覚になれるのです^^

「職業」を言わないワケ;まとめ

以上が私が「はっきりと適職を指定しないワケ」でした。

ちなみにうちの夫は乙女座で、知性の星・水星が守護星だから、こういった「実際的なこと」が気になるのでしょう。

私は太陽もMCも「水の女」なので、そういったことよりも「その人のホロスコープのストーリー」とか「魂の設定」とか、スピリチュアルな部分が気になる。

まぁだからこそ、星占いをやっているのですね(笑)

おもしろいですね〜♪

YUKA

-ホロスコープのこと, ハウスについて, 仕事のお悩み, 鑑定のシェア
-, , , ,

© 2020 星を味方にわたしを輝かそう♪ Powered by AFFINGER5