ホロスコープ

対岸の星座が同居していると「大人と子供」がいるような感じに

こんにちは!

こんにちは!

セラピストmarinです♪

 

さて、、今回は出生ホロスコープの話です。

 

「自分の主要天体(太陽・月)に対岸の星座が同居しているとどうなるか?」

っていうことを取り上げます。

 

対岸の星座が同居していると「大人と子供」がいるような感じに

 

それで、

YUKA
対岸の星座って何??

っていう話ですね。

これは何かというと、

 

(http://www.horoscope-tarot.net/様より)

 

上の図のように、ホロスコープというのは「円」になってます。

そのため1番目の星座である牡羊座は、7番目の星座である天秤座と向かい合っている。

 

そんな感じで、牡牛座は蠍座と、双子座は射手座と向き合う、、

というように、向かい合う星座のことを、ここでは「対岸」という呼び方にしました。

 

それでですね、面白いのがこの対岸にある星座って、ちょっとこう「相反する性格」を持っているんです。

 

例えば前述の牡羊座と天秤座。

牡羊座のテーマは「自分自身の情熱に向かうこと」ですが、対して天秤座のテーマは「他者との関係性」。

 

どうせなので(言い方)簡単に一覧にしますと

 

  • 牡羊座「自分自身の情熱」ー天秤座「他者とのバランス。他者に対しての自分」
  • 牡牛座「自分自身の持つ価値」ー蠍座「他者との関係の中で見出していく価値」
  • 双子座「近距離の移動、身の回りの興味」ー射手座「遠くへの旅、深い学問」
  • 蟹座「身の回りの人(家族や友人)との関係」ー山羊座「社会との関係」
  • 獅子座「自分のために自分を輝かす」ー水瓶座「世界のために自分を輝かす」
  • 乙女座「自分の周囲の世界の奉仕者」ー魚座「世界への奉仕者」

 

というイメージです。(あくまで簡単に。)

だから、先ほど「相反する」という言い方をしたのですが、実はこれってあまり正しい言い方ではなくて。

「自分自身、あるいはその周辺への興味」「他者、あるいは社会とか世界とか広い方向への関心」という性質の違いってことですね。

 

ちなみにこれは「前半の星座が自分だけしか見てないから視野が狭い」とかそういうことではないです。

だって「仕事で海外で活躍する人」と「主婦として家事育児を行う人」って、どちらが偉いとか比べる話じゃないですよね。

 

それと同じように、優劣とかの話じゃなくて「ただの星座のテーマの違い」ってことです。

 

自分の中に、「対岸の星座」持つとどうなるか

ちなみに私の知り合いに、ばっちりこの星を持つ人がいるのです。

その方は太陽が天秤座で月が牡羊座。

 

それでタイトルの通りになるのですが、本当に「大人と子供が同居している感じ」なのです。

(これは、親しみを込めてですよ〜もちろん。笑)

 

その人は、やっぱり太陽が社交性ナンバーワンの天秤座なので、普段はすごく『紳士』的なんです。

人当たりがよく会話上手で、相手に対しての質問なんかも上手いです。

 

ただし、、

 

自分の好きな人や物事に対しては、こちらがびっくりするくらい、かなりスピーディに突き進んでいきます(笑)

なんかね、ここに「失敗したらどうしよう?」みたいな感じが全くなくて、「自分が良いと思ったら即行動!」で、これすごく牡羊座的なんです。

くよくよしなくて、スピーディで直球。

 

で、、直球なのに、嫌味がないんですね。

「自分は〇〇したいのだけど、どうかな?」という感じで、押しつけ感がないし、提案の仕方が上手。

 

これ、すごくうまく天秤座を使っているなあ、と思います。

子供のようなピュアな自分の衝動を、大人な天秤座な自分がうまくコントロールしているのですね。

 

だから、大人と子供の同居。

反発ではなく同じようなテーマを持っている部分があるので、使いやすいのかも。

 

これが、隣同士のサインだったりすると、またちょっと違うんですよねえ、、。

こちらはけっこう葛藤を生む組み合わせじゃないか、と思います^^;

 

 

そんなこんなで「対岸の星座」のお話でした。

 

 

 

.。.:✽·゚+.。.:✽·゚+.。.:✽·゚+.。.:✽·゚+.。.:✽·゚

 

鑑定を行っています

ホロスコープ or タロット 鑑定を行なっています。

(セッション形式はメールか対面か、お選びいただけます♪)

 

あなた自身の性格や長所、使命や課題を知って、ますます自分自身を輝かせていきましょう☆

 

鑑定ご案内はこちら

 

 

天然石アクセサリー制作してます

天然石(パワーストーン)でピアスやブレスを制作しています。

ショップの方もぜひ見てみてください♪

ショップ“Puis”

ショップへ行く>>

 

 

☆こちらの記事もぜひ読んでみてください!

私がホロスコープを始めた理由【前編】

続きを見る

私がホロスコープを始めた理由♪【後編】

続きを見る

-ホロスコープ
-, ,

© 2021 私の本質を輝かそう♪ Powered by AFFINGER5