6日目に嫌いだったすっぴんの自分を受け入れる

意識と現実創造
スポンサーリンク

こんにちは♪星よみセラピストのYUKAです。

今日もHTL研究所の学びのシェアです^^

HTLについて、詳しくはこちら☆

実験開始6日目:自分の顔を受け入れられた!

さて。

講座を始めてから2日目に、私はブスという衝撃のセルフイメージに気がつきました(笑)

いやでもね、笑い事じゃないんですよ。

私自分では「メイクが好き」だって思ってたんです。

デパコスでもプチプラでも、「コスメを見る」っていう行為がとにかく好きで、メイク雑誌なんかも好きだし。

だけどやっぱり、インスタのコスメアカウントをやってる方とか雑誌のモデルさんって、とても均整のとれた美しい顔立ちなわけです。

そういうのを見ては、いつも鏡を見るたびに「自分の顔って残念だな」って思ってたんですよ!!

(|| ゚Д゚)!!

チーーーーン。。

それを、講座2日目でHappyちゃんが”そうじゃないんだよ!”と言ってくれて目が覚めて。

あ、私は今このままで100点満点なんだ。

何を付け足す必要もないんだ。

、、と。

そうして、「私は100点満点」とか、とにかく”自分最高!”っていう言葉を毎日唱え始めたんです。

そして6日目の夕方。

いつも保育園へのお迎えはバスで向かうのですが、その時間が来て「もう家を出なきゃ!」という時に自分がすっぴんだと気がつきました。

でも「まあ、いいや」ってそのまま外に出たんですよ!

これ!!

今までの私ではありえないことだった。

外に出る時は絶対簡単にでもメイクしていたし、こういう時なら「バスを1本送らせてささっとメイクしよう」とかやってたんですよ。

この時はっとしたんです!

私は確かにメイクが好きなんだけど、なんでそれにこだわっていたかというと

「醜い自分を矯正するためのメイク」だったから。。

だから、たとえ子供の保育園のお迎えに行くときでも”すっぴん”で外出することができなかったんですよね。

で、この「ブス」という認識が「私は最高」とか唱えていただけで、たった6日くらいでひっくり返ったんですよ。

”いいじゃん私♪”になれた。

整形の広告を見ると「私もした方がいいのかしら、、」とか悩んでいたのが、「私今日もかわいい〜♪」ってなりましたから(笑)

そう思えると、自分の顔変わりますよまじで。

まとめ:正解はいつも自分

以上が6日目の気づきでした♪

HTLを受講して本当に良かったと思うのは「100点症候群」に気づけたこと。

つまり、「外側に正解がある」という意識。

雑誌に載っているあの人の顔が「正解」。

こうやって自分に刷り込んでいたから、私は自分の顔を見るたびに嫌な気持ちになっていたんですよ。

でも、自分ではこの構造に気づかず、「なんか嫌だなあ」と気分の悪さを引きずって、メイクが好き、、という行動でなんとかごまかしていた。

本当は、正解はいつも自分。

そのことを思い出しさえすれば、抵抗を手放した状態、、「ソースとつながっている自分」でいられるんですね。

今日はここまでです。

お読みくださりありがとうございました♪

コメント