スピにものすごいムカついた理由

意識と現実創造
スポンサーリンク

深夜にこんばんは^^YUKAです。

前回の記事で、HTLを開始して1ヶ月弱が経ち、現時点での気づきのシェアをしました。

(記事は↓こちら)

この時の「怒りたくない」という思いと同時期に、あることにめっちゃムカついたことがあったんですね。

今回はそれについて書いてきます。

あれ?スピの発信がムカつく

私が「怒らないで愛に溢れた自分でいよう〜」って思った矢先に(結局これも勘違いと気付くのですが笑)、すんごい腹が立ったことがありまして。

HTLのルールにSNSはなるべく見ないっていうのがあるんですが、でも先日、ちらっと好きなブロガーさんの漫画を見たんです。

その時、関連漫画が出てきて、とある霊能力者さんのエッセイ漫画が目に入ったんですね。

それがさ。

「私のとこに来れば悩みは5分で解決するのに」とか「自分でハイアーセルフと繋がったと思っても実際はできてないことが多い」って書いてあって。

「傲慢じゃね?ムカつく」

って…もんのすごく嫌な気分になり、怒りが腹の底から湧いてきたんです。

実はこの漫画、HTL 入る前からむしろ好きで見ていた漫画で。

だからその方は自分の能力に自信があって、実際人の悩みを霊視することで解決できるのだろうし、そういう意味で上記のことを言ってるってことは分かってるはずでした。

でも、大好きだったはずのその人に今腹を立てている私がいる。

「なんでこんなに上から目線なん?」ってすげー思ったの。

そうしたら、先日ふらりと立ち寄った本屋さんで答えを見つけました。

こちらの本。

八木さやちゃんの本。

これねえ、この日珍しく都内に大好きな抹茶パフェを食べに行って、帰りに寄った本屋さんでね。

私がパッと見た棚のちょうど目の前に並んでて「うわこれ読まなきゃ」って思ったんです。

そうしたら、強烈に「自分であれ」ってことが書いてあって。

この時目が覚めました。

あんなにスピにムカついたのは私がいつまでもスピリチュアルを自分の上に置いていたからだと。

スピや霊能力の話とか大好きだった。

自分が20代半ばで一番辛かった時に、スピリチュアルの方に助けてもらって現実が変わったので、迷ったときや辛い時はまずスピ系の本を読んでました。

でもさあ。

それって結局依存じゃね?

私はいつまでも、そうやって事あるごとにスピに助けてもらわないといけないような人間なん?

そうやって自分以外の何かに期待して答えをもらおうとするの、もう嫌なんだよ。

私は自分自身の声を聞いて自分自身を信頼したい。

他人はとにかく「人に学べ」とか「失敗しないように準備しろ」とか言うけど、私はもう誰の言うことも聞きたくない。

遠回りも失敗も孤独もすべて含めて私がこの地球に体験しにきてるのに

ふざけんな!!

余計なことすんな!!

これが私の本音。

自分に自信がなくて、またスピを自分よりも上に置こうとしていた自分自身に腹が立ったんだ。

そして、

うん、他の何よりも今ここの私を信頼しよう。

私が信じるのはまず私自身。

私が私であることをそのまんま表現しよう。

そう思いました。

これが昨日の出来事で、今日になってや〜っと大晦日のHappyちゃんの配信を聞いたら。

「宇宙につながってパワーをもらうとかじゃなくて、すべてがもう自分の中にあるから。」って。

!!!

もう、なにこの完璧な采配!

めちゃくちゃシンクロしてる!!

本当に、「今」の私に必要な情報が必要なタイミングでやってくる(@o@;)

これ、今読んでくれてるあなたもそうだよ。

ちゃ〜んと今、必要なことが自分に起きてる。

この視点に立つと、すっごく自分に対する信頼が湧いて緩みませんか?

というわけで現時点での私の気づきのシェアでした♪

コメント