ホロスコープのこと サイン(星座)について 12星座ストーリー

獅子座の性格とストーリー【12星座を人の一生に例えると?】

  • 星座ごとの性格やキャラが分かるようになる
  • そのため自分の性格や才能によりいっそう気づく!
  • 身近な人の星座を知ることで、良好な関係を築く

これらのメリットを受け取りたいあなたへ☆

こんにちは!

[temp id=4]

星座のテーマを知ることで、自分という素材を活かして望む未来を創るために使えるし、人と良好な関係を築く大きな手がかりとなる♪

ということで、、。

”12星座を人の一生に例えて解説していくシリーズ”、今回は第5弾・獅子座についてです。

獅子座について深く知ることで、その才能をこれからもっと輝かせていきましょう☆

獅子座は中学生くらいの男の子

前回の記事はこちら↓

注目 蟹座の性格とストーリー【12星座を人の一生に例えると?】

前回のおさらいをすると、

蟹座の世界で、感情が発達し「家族やコミュニティ」を大切にするようになりました。

ただ、その世界の限界は「同調しないといけない」というもの、、。

12星座というのは「一つ前の星座のテーマを次の星座で乗り越える」という役目があります。

そこで次の獅子座の世界では、「自己表現をして、自我を確立すること」がテーマとなります。

獅子座を人の一生に例えると、『中学生くらいの男の子』

この年代になると「自我の確立」のために、親から離れ”自分の世界”を作っていこうとします。

よく、大人になって「中2の頃が1番楽しかった」なんて言われるように、この年齢は社会的義務もなく、ある程度知識や行動力も付き、「とにかく自分の楽しみを追求できる」、楽しい時期です。

そのため獅子座のキャラクターを簡単に言うと「王様」キャラ。

自信があって、自分の意見を物怖じせず言うことができて、人前に立つことも厭わない、、。

そんな獅子座の明るくパワフルな力に、周囲の人からの羨望も集まることでしょう。

実際、獅子座の人というのは「面倒見の良い親分肌」という感じです。

このように、「自分の欲するものはなんでも実現できる」かのような、まるで最強かのような獅子座の世界。

でも、この「自己表現」が行き過ぎるとどうなるでしょう、、?

「力を持つ者」ほど、実は孤独だったり悩みを打ち明ける相手がいない、、というのは、意外とよく聞く話です。あるいは、一部の人から「反発」が起きたり、目立つために批判されることがあるかもしれません。

獅子座の守護星といえば太陽ですが、光が強ければ強いほど、その分影も濃くなります。

「あれ??なんだか、目立ち過ぎるのも、やりづらいな、、。」

これが、獅子座の世界の限界です。

ちょっとやり過ぎた自己表現を調整すること。

ここで、次の乙女座の世界へ発展します。

(次回へ続く☆)

[temp id=2]

-ホロスコープのこと, サイン(星座)について, 12星座ストーリー
-, , , ,

© 2020 星を味方にわたしを輝かそう♪ Powered by AFFINGER5