ホロスコープ 引き寄せと現実創造

才能とは「ありのままの自分」だよ!

こんにちは♪

ホロスコープと宇宙の法則で私を輝かせる。

星よみセピストmarinです♪

 

今日は、いきなりですが才能って何?っていうお話です。

 

なんでこの話をするのかというと、、

 

私自身が「自分の活動目標ってなんだろう」って想像した時に浮かぶのって、やっぱり「その人の才能を生かすお手伝い&そのためのツールとしてホロスコープ を広めること」っていうのがしっくりくるんですね。

 

で、その「才能」って、改めて考えてみると何だろうなって思ったのです。

 

 

そもそも才能ってなに??

ちなみに才能という言葉の意味は

才能=物事を巧みになしうる生まれつきの能力。(goo辞書より)

 

 

そうそうそう。

「生まれつきの能力」なんです。

 

それが表れてるのがホロスコープで、例えば何のエレメンツが中心的になるのかとか。

アセンダントとかmcとか。

 

まあいろいろありますが、こういうのを見ていくと「あなたにはこんな性質(能力)がありますよ〜」っていう資質が分かるって感じですね。

 

でも、、

上の辞書でもある通り、「巧みに」っていうのが、けっこう曲者です。

 

巧みーつまり、「上手い」ってことなんですけど、今の社会だとどうしても「集団の中で際立っている」とか「人よりうまい」って意味の方が強く認識されてると思うんですね。

 

でもこれって競争の原理。

 

例えば踊るのが好きだけど、大会ではあの人の方が点数が良いから自分はダメだとか。

くるくる周りのが好きなんだけど、踊るのが上手くなるためには苦手な足のステップを練習しなきゃいけないとか。

 

だから「才能を伸ばす」って言った時に、こっちの意味合いで考えちゃうと、どうしても「一つのことを極めなくちゃ」とか「結果を出さないといけない」とかになってしまう。

 

これは以前の「地の時代=真面目、努力、どっしりしていること」が評価された時代の価値観です。

 

で・も・ね〜。

 

苦しいですよね、これ。

だって、この価値観でいると「常に認められてなきゃいけない」わけです。誰かしらに。

 

 

才能の本質は、「ありのままの才を生かすこと」の方

 

例えばホロスコープで「火水風地」「活動・固定・柔軟」といろんな『分類』があるんですけど、これにそのまま私の言いたいことが表れてます(笑)!

 

たしかに「地」や「固定宮」が強い人は「ひとつの物事をコツコツやり続ける」のがその人の「能力の伸ばし方」としてはすごく良いのです。

けど、逆に「風」とか「柔軟宮」の強い人は「コロコロ気分が変わる」のが才能なわけで、こういう人達がコツコツやり続けたらダメなんです。

 

だって、絶対つまんないもの(笑)。

つまんないし本来の能力も発揮できない。

 

風の人たちとかは特に「動いてなきゃいけない」から。

それは実際の行動かもしれないし、思想でも学問でもなんでもそうで、サクサクっと動くとか、既存のものに囚われないからこそこの方達はミラクルを起こすことができるんです(笑)

 

 

つまり何が言いたいのかというと、「そのまんまの自分の力を発揮すること」が私の思う「才能を発揮する」ってことなんですね。

 

だから本当に、子供の時の自分のように、ワクワクすることをやっていいし、気分が変わるのもなんでもOKなんだってこと〜。

 

成果とかよりも「ワクワクとか良いエネルギーを出す」。

これで良いの(^^*)!!

 

 

「自分の良いエネルギー」が正解だから♪

 

 

もっともっと!

自分をまるっと受け入れて表現していこう!!

 

 

それが「才能を生かす」という、私の持論なのでした。

 

 

.。.:✽·゚+.。.:✽·゚+.。.:✽·゚+.。.:✽·゚+.。.:✽·゚

 

鑑定を行っています

メール形式で鑑定書をお作りしています。

あなた自身の性格や長所、使命や課題を知って、ますます自分自身を輝かせていきましょう☆

 

鑑定ご案内はこちら

 

 

天然石アクセサリー制作してます

天然石(パワーストーン)でピアスやブレスを制作しています。

ショップの方もぜひ見てみてください♪

ショップ“Puis”

ショップへ行く>>

 

 

☆こちらの記事もぜひ読んでみてください!

私がホロスコープを始めた理由【前編】

続きを見る

私がホロスコープを始めた理由♪【後編】

続きを見る

-ホロスコープ, 引き寄せと現実創造
-, , , , ,

© 2021 ホロスコープでわたしを輝かそう♪ Powered by AFFINGER5