サビアンシンボルー牡羊座1度「女性とアザラシ」について考える

サビアンシンボル
スポンサーリンク

こんにちは!

星よみセラピストのユカです。

私は今、サビアンシンボルのことを学んでいます。

今回は、「サビアン?なにそれ?」という方も分かりやすいよう、

  • ざっくりサビアン全体の話
  • 牡羊座1度(サビアンの一番はじめ)のシンボルについて

書いていきたいと思います^^

サビアンシンボルってなに?

サビアンシンボルとは1度1度意味付けされたイメージ

サビアンシンボルというのは、1920年代アメリカで提唱されたもので

サイン(=星座のこと)1度1度に意味(というかイメージ)を与えたものです。

占星術家マーク・エドモンド・ジョーンズという人が、透視能力を持っていた女性エルシー・ホィーラーに協力してもらい、サインの1〜30度、、つまり12サイン×30=360個分のイメージをチャネリングしてもらったのです。

このとき、

「はい、じゃあ牡羊座1度から初めて次は2度ね」

みたいに順序良くやっていったのではなく、カードの裏にサインと度数を書いたものをランダムに、そしてエルシーには見えないよう渡していったのです。

冒頭で「意味(イメージ)を与えた」という微妙な言い方をしたのはそのためで、サビアンシンボルというのは、まずはじめに『チャネリングしたイメージ』があるのです。

そのためか文章を見ただけでは、ぱっと見よく分からないのも多々あります。

だから、後から解釈や意味付けがされてきたのですね。

日本でのサビアン

それで、私はそのチャネったサインのイメージというものに、すごくワクワクしたんですね。

自分のサビアンを見て「おぉ〜!なんかよく分からないけど、おもしろい!」と。笑

水サインが強くスピリチュアルとか目に見えないものが好きな私には、このサビアンシンボルがぐっときたわけです。

そして、サビアン第一人者と言って過言ではない松村潔先生の本がこちら。

こちらの本、とても分かりやすいです。

ただし松村先生の解釈は、著作の中で『ジョーンズの説にほとんど配慮することなく、著者流の展開で書いたもの』(上記書籍より引用)と説明されているように、筆者流に解釈がされています。

だからハウスやサインから解釈する通常のホロスコープとあまり乖離がないし、イメージの解釈がしやすい。

なんだけども。

私自身はより感覚を大切にしたい、という思いもあり。

そのときチャネリングした、イメージの純粋なエッセンスに触れたい。

ヨーロッパやアメリカの思想背景も合わせて考察したい。

というわけでジョーンズの書いたサビアンの原典(英語)を注文中です^^

読めるのか??

そして今回は、ホロスコープの始まりである牡羊座1度のシンボル、「女性が自らあがり、アザラシも上がり彼女を抱く」について、くわしく考えていきたいと思います^^

牡羊座1度のサビアンシンボル

始まりである牡羊座1度を取り上げるのは、始まりだからというのもあるのですが、

私のドラゴンヘッドがこの度数なのです。(!)

(ドラゴンヘッドは今世での課題とか、家系的カルマを表すといわれています。)

牡羊座は命の始まり

牡羊座1度のサビアンシンボルは「女性が自らあがり、アザラシも上がり彼女を抱く」イラストイメージ

牡羊座1度のサビアンシンボルは「女性が自らあがり、アザラシも上がり彼女を抱く」です。

牡羊座について理解するために、ここで12星座の終わりである魚座について考えてみます。

ホロスコープというのは輪です。

1番最後の魚座という終わりがあって、そしてまた牡羊座で始まります。循環しているのです。

では牡羊座で何が始まるのかというと、人間でいうならば命。

牡羊座1度というのは命が始まる場所です。

魚座は「溶解」ー境界をなくすこと、苦悩や癒し、スピリチュアル、海や涙などを表しています。

魚座を人生に例えた時、死を間近にした老人ということもできるし、あるいはあるのかないのか分からない死後の世界、あるいは子宮の中、、と捉える事もできます。

老人と子宮に宿る赤ちゃんというのは全く違う存在のような気がします。でも、この世とあの世の境目にいる、という意味では似ています。

牡羊座のシンボルに話を戻すと、アザラシということで海から上がってくるのでしょう。

海というのは全てが溶け込んだ魚座的な場所です。そこから全ての命が生まれます。子宮というのも、水で満たされていると考えれば海のような場所です。

そういうところから、女性が陸に出てくるのです。

牡羊座1度のアザラシは2つの世界をつなぐ存在

この時女性と一緒に出てくるアザラシとは、何者でしょうか?

アザラシとは英語でいうと「seal」で、ゲルマン語の「selkhaz」が語源です。そしてこの語源をたどっていくと、ある神話にたどり着きます。

それは、スコットランドやアイルランド、アイスランド周辺に伝わる、「セルキー ( selkie, selchie)」という「あざらし人間」のお話です。セルキーは普段は海の中で暮らしていて、陸に上がる時にアザラシの皮を脱いで、人間の姿になるというのです。

この伝承の内容としては、「あざらし人間」が人間と夫婦関係を結ぶという恋物語(時に悲恋)が中心としてあるようです。

この地域や北極圏、アラスカなどでは、アザラシは狩猟の対象で貴重なタンパク源でした。狩猟対象である動物が神話や伝承に登場する、または感謝の儀式を行うというのは他の地域ーアラスカや日本のアイヌ族にもみられる事です。

こういった動物たちは、その地域に住む人々にとっては「近しい存在」であり「自分たちに命を分け与えてくれる」大切な存在なのでしょう。

付け加えると、アザラシというのは実に不思議な動物です。

海の中で暮らしていて、当たり前ですが泳ぎも得意なのに、陸に上がる事ができます。

2股に分かれた尾っぽで上体を起こして進んでいく姿、それはまるで人間が歩いているようにも見え、これらの伝承が生まれるのも不思議ではない感じがします。

ここまでのことを踏まえると、、

アザラシという存在は、全てが溶かしこまれた命の源である海と、陸の人間をつなぐ象徴的存在です。

2つの世界をつなぐものとして、西洋的な妖精とか天使に近いシンボルかもしれません。

女性は、「あの世の世界」あるいは「無の世界」から、この地上にポン、と投げ出された真新しい命、、いわば赤ん坊です。

そう考えると、その生まれたばかりの命を介抱するものとして、アザラシというのは実にふさわしい存在であるように感じられるのです。

サビアン牡羊座1度があらわすもの

そう考えると、サビアン牡羊座1度は何を示しているのでしょうか。

ここからは一般的に言われていることから離れて、YUKAの直感とイメージを書いていきます。

「物事の始まり」「自分の足で立つ」「パイオニア」「実は一人ではないこと」「目に見えない世界と見える世界をつなぐ」

アザラシという存在について深く考えていくと、こんなイメージが浮かんできます。

この世界に生まれるというのは、赤ちゃんからしてもそれはそれは大変です。水の世界から肺呼吸になり、母親とのつながりも切れーある意味「分断」を示すようにも思えるのですが、「女性が自らあがり、アザラシも上がり彼女を抱く」というシーンからは、調和的な愛情を感じるのです。

一見つながりが切れて一人きりになったと感じるかもしれないけれど、会いたければまたいつでも会えるよ。とアザラシが語ってくれているような感じ。。

YUKA自身はこれがドランゴンヘッドー課題、として持っているので「一人で立つ事」「目に見えない世界と見える世界をつなぐ」というのを深めていこうという感じでしょうか。

後者の方はちょっと魚座的な世界観ですが。

牡羊座1度のサビアンまとめ

以上がアザラシから読み解く「牡羊座サビアン1度」のイメージでした。

私自身、こんな感じで、星やイメージの解釈はインスピレーションでいいなあ〜と思いつつ、西洋的なイメージの解釈とか民俗学的な事が好きなのでそこを深めるのが面白いと思ってます。

それでは、ここまでお読みくださりありがとうございました*

☆このブログでは「星の無料お悩み相談」も受け付けています☆

 
  • お悩みや聞きたい事(ジャンルは問いません)
  • 生年月日から太陽星座と月星座を算出し、お悩みや質問にお答えします!
  • 相性診断なら、自分と相性を見たい人の生年月日も記入してくださいね!

ご希望の方は生年月日を記載して、お問い合わせフォームよりお送りください^^

質問に対してブログ上でお答えさせて頂きます

(がっつり相談したい場合はセッションをどうぞ!)

コメント