私が夫と離婚した理由③〜2人目の時の状況〜

わたしの話
スポンサーリンク

こんにちは!星よみセラピストYUKAです。

前回からの続きです。

私が夫と離婚した理由①

私が夫と離婚した理由②

こんな風に、1人目出産時は

夫の仕事が安定しないこと

収入が常にギリギリだったこと

が原因で、離婚にまでなってしまいました。

と、思ってました。

2人目ができるまでは。

でも、2人目の時は 同じような状況・現実だったのに、なぜか問題がなかった、、というか、私が問題に感じなかったのです。

その理由を説明する前に、今回は比較のため「実際、2人目出産の時はどんな状況だったのか??」ということを書いていきます^^

あんまり状況が変わらなかった2人目の時

我が家の1人目と2人目の年齢は、数年間空いています。

でも、仕事の不安とお金の不安は相変わらず。

「夫の仕事が不安定」「お金がギリギリ」というのは、変わりませんでした。

というのも、「夫が希望の職種に奇跡的に決まった」のですが(前回参照)。

彼はその後、上司のパワハラが原因で「うつ病」になってしまい、休職になります。

ラッキーなことに、このあと会社がパワハラを認めてくれ、別の部署で復職することになるのですが、やはり職場に行くのは辛そうでした。

夫が大変だったのは、もちろん分かります。

でも私としては、仕事行ってお給料もらってくれるだけありがたい!頼むから嫌でも何でも頑張ってくれ!と言う感じでした(^^;

常にハラハラ…というより、ぶっちゃけ

またか…

子供がいるのに、もういい加減にして…

という感じ…。

このへんの時は「夫に期待するのはやめよう」と、なるべく思うようにしてましたね…。

そんな中、私が「予期せず妊娠」したのです。

そして「妊娠悪阻」にまでなってしまい、当時していた事務の仕事を退職せざるをえなくなり。

ここまで読んできて、読者の方は「なんでコイツこうも計画性がないんだ?」と思うかもしれません^^;

いや自分でも書いてて思う(笑)。

でも私は、これも必然の経験で、これがあって良かったと思っています。

今になって考えたら、私はそもそも「事務職をしながら、コツコツ貯金をして計画的に2人目を産んで、落ち着いたら復職しよう」なんて、できるタイプじゃなかったんです。

でも、こういう「普通の幸せな生き方」「人並みに」やろうと思っていたから苦しかった。

会社員なんて(特に医療事務なんて笑)、この時の経験でまっぴらだと思いました。

絵を描くのが好き。

文章書くのが好き。

アクセサリーでも何でも、とにかく何かを「創る」ことが好きで好きでたまらないんだから、それを仕事にしよう。

この経験から、やっとそういう結論にたどり着くことができたのです。

(それが、妊娠したのと同時期でした。)

そして、今回の妊娠生活はどうだったのか?というと…こちらも、不安要素ばかりで(笑)。

1人目は産む時間も短く超安産でした。

が。

対して今回は、つわりが重症化して悪阻になり、体重が30キロ台にまで落ち。。

さらにその後も切迫早産気味とされ、自宅で絶対安静。

そもそも私がなぜ1人目が安産だったのかって、妊娠中、毎日1〜2時間は絶対歩いていたんです。

それが、家で安静じゃないとダメ!?

ってこれ、出産やばくない、、??

難産で陣痛に苦しむのが、一番嫌だ…!!

。。とまあ、2人目の時はこんな感じで…(^^;

むしろ1人目の時より、状況は悪化してるくらいでした(笑)

しかもね、2人目の出産って、とにかく怖い!(笑)

なぜなら、どれほどの痛みなのかを知っていて、またあれを経験しなきゃいけないと分かってるから。

→ここで、冒頭の「私は問題に感じなかった」話に戻ります。

どうして私はこんな状況にも関わらず、平気だったのか?

次回に続きます☆

コメント

  1. […] 私が夫と離婚した理由③〜2人目の時の状況〜 […]