私が夫と離婚した理由④〜2人目が超安産だった理由〜

わたしの話
スポンサーリンク

こんにちは!星よみセラピストのYUKAです。

現在、コロナの影響で保育園に通っている2人の子供を休ませているので、いつも以上にバタついて、更新が不定期になっています。

(いや、それはいつものことか。。)

でも、久々に子供たちと過ごす毎日は新鮮で、私自身が癒されてもいます。

さてさて。

私が夫と離婚した理由③〜2人目の時の状況〜

こちらの続きです。

前回は、2人目妊娠の時の状況について、説明させてもらいました。

1人目の時から数年経っていましたが、家計や夫の仕事の不安定さは変わらずで、私が切迫早産気味になるなど、むしろ、不安要素ばかりが揃う状況でした…(^^;;

2人目出産時、すべてがスムーズに進んだ理由

じゃあ何が違うのか?なんで今回、私は平気だったのか?

、、というのが、今回のお話です。

(1人目の時は、これで離婚にまでなりましたから。)

私がこの経験から1番言いたいことっていうのは、

この現実は、自分の意識が創っている

ということです。

だから、2人目の時に「問題なし」だった理由は

問題を問題だと思わなかった=恐怖にフォーカスしなかった

1番はこれです☆

この頃にはもうはっきり「この現実は自分の思った通りになる」ー「不安にフォーカスすればますます状況が悪化する」ってことが分かってましたから。

だから、「ない」じゃなく「ある」ってとこに目を向けて、不安がるのをやめたんです。

例えば、お金問題の極め付けとして、「税金とかもろもろの支払いをしなきゃいけなくなって、1週間後の入院費用が払えない」って、まじでピンチの時がありました。。

が!

この時の私は、もう色々と開き直ってました。

この状況を夫の口から聞いた時、確かに少し怖かったです。

いやウソ(笑)

「まじかよ!!」と、かなり不安でした(爆)。

だって子供の命かかってるのに!

でも。私は不安は不安を呼び、現実をこじらせるだけってことが身を持って分かっていたので。

「で?お金がないんだったら、あなたの実家に借りれば?」と、冷静に言う自分がいました。

だって、それしかないんだからさ。

この時私は、腹にグッと力を込めて、「絶対に大丈夫だ」ってことを決めたのです。

実際、借りることで無事に支払いもできたし、お金はすぐに返したし、本当に何も問題なかったんですよ。

そしてこのメカニズムは出産ですら、同様で。

それまで、私の中の思い込みは「安産=よく歩くこと」でした。

だから、今回はそれを変えてみたのです。

私はお医者さんに「自宅で安静」と言われてから、こう考えるようにしたんです。

「出来事の意味…良いも悪いも決めているのは自分。”歩けば安産”というのも、私の限られた一つの見方でしかない。だったら、寝たきりだったけど安産、という前提を作ろう!」と。

なのでね、ネットで「切迫早産で動けなかったけど安産」だった人の情報を今度はたくさん集めました。

そしたら出てくる出てくる。

こういう情報を得たことで、「きっと大丈夫!」という思い込み(笑)が、できていきました。

あとはバシャールの本で、「出産の時は水やイルカをイメージすると良い」って言っているのを発見したので、痛みがきたら綺麗な海やイルカを思い出す、、というイメージングの練習をしたりして。

結果、2人目も、全く動けなかったのにも関わらず、超安産でした。

病院ついてから生まれるまで、2時間くらい。(笑)

そう、、

これらの経験をしたことで、私はやっと「創造のメカニズム」が腑に落ちました。

今までは、「外側の現実」で何かあるたびに、自分たちが必要以上に「問題視」して大騒ぎしていただけだったのです。。

さらに。

無事に2人目を出産後、私は「在宅ワークをすること」を固く決めていたので、夫にも了承をもらい、そうさせてもらうのですが。

ここでも、大きな、びっくりするような発見をするのです。

続く☆

コメント

  1. […] 私が夫と離婚した理由④〜2人目が超安産だった理由〜 […]