意識と現実創造

1年でレストラン再建!いつもラッキーなあの人の視点って?

こんにちは!

[temp id=4]

今回は、「あの人がいつもラッキーなのはなぜ!?」という話です。

いつもラッキーなあの人の視点って?

先日、テレビに出ていたあるレストランの社長さん。

そのレストランはかつて、火事で1度焼失してしまったらしいんです。

でもなんと、その社長さんは

たった1年でそのレストランを再建したんだそう!!

たぶんここだけ聞いたら、ものすごいラッキーな人か、あるいはすごいお金持ちなのかな、って思いません?

でもね、、

その社長はなんと、火事の消化活動真っ只中、、

燃えてるレストランをバックに、

「こんなことになってしまって申し訳ない。でも、必ずまたレストランを元通りにするので、よろしくお願いします」

と動画配信したのだ、、。

普通、自分のレストランが燃えてしまったら、悲嘆に暮れたり怒ったりすると思う。

でもこの方はそうじゃなく、すでに「レストランを必ず再建する」という未来に目を向けていた。

そこには、ただただ「静かな、でも力強い決意の言葉」があった。

その後、レストランには様々な支援が集まり、無事再建できたそうです。

私はね、この話を聞いて、

本当に、自分がどこにフォーカスするか?がほんと〜〜〜に大事なんだなって思った!

なぜなら、見つめたものが拡大するから。

「自分がこれまで築き上げてきたものが一瞬で燃えてしまった!!最悪だ!!」って思うのか。

「火事になってしまったものは仕方がない。幸い、怪我人はいないし火が他の家まで燃え広がることもなかった。」と、『良い方』を見ようとするか。

この社長さんは「ポジティブな方を見る」っていうのをすぐにできる人だった。だからこそ、人や支援が集まり、すぐにレストランが再建できたんじゃないかと思います。

そんなわけで、

「どんな物事でも、必ず光と闇の両面があるから、ポジティブな方にフォーカスすること。」

これがラッキーな人の秘訣です☆

私もね、若い時は料理の味付けを失敗しただけで「失敗だ!おいしくない!」と落ち込んでいましたが、

今では「食べられればいいのよ!調味料でなんとかなる!!」ってポジティブになりましたから(笑)

(あれ?なんか違う^^;?)

でも、こうやって「くよくよしない」だけで確実にハッピーだよね。

それでは、お読みくださりありがとうございました♡

[temp id=2]

-意識と現実創造
-, , , ,

© 2020 星を味方にわたしの才能を輝かそう♪ Powered by AFFINGER5