ホロスコープのこと サイン(星座)について 惑星について

ポテサラ論争と男性にとっての"月"

こんにちは♪

星よみセラピストYUKAです。

最近、「ポテサラ論争」が良くメディアで取り上げられていますね。

今回は、

  • どうしてそこまで他人を攻撃するのか?
  • そんな人との付き合い方は?

を考えていきたいな〜と思います。

ポテサラ論争と男性にとっての"月"

「よくワードを聞くけど、ポテサラ論争って何?」

という方のために、簡単に説明すると、、

発端は、とあるツイートで、

「スーパーに行ったら、お惣菜のポテトサラダを買おうとしていた子供連れの女性に、いきなり高齢の男性が”母親ならポテトサラダぐらい作ったらどうだ!!”と怒鳴っていたのを目撃してしまった」

、、と投稿主が挙げたところ、それが注目されたんですね。

「おいおい、お惣菜を何買おうがほっといてくれよ」と私も思いますが(笑)

でも、私がより興味があるのが

「何でその人はそんな行動をとるのか?」

という部分、、。

(ホロスコープも、実際その人の考え方や行動と照らし合わせて考えますしね。

どうしても”何で?”と思ってしまいます^^;)

推測ですが、この男性は自分の「月」が傷ついてたんじゃないか。

ポイントは「お惣菜を買っていた」というのと、「子供を連れていた、明らかに”母親の女性”」に怒りを向けたということです。

ちょっとここで「怒り」について考えてみましょう。

怒りって、「2次的な感情」であることが多いんですよ。

赤ちゃんを見ているとよく分かるんですが、赤ちゃんって何か欲求がある場合、すべて「泣く」んです。

でも、大人になるにつれて泣くわけにもいきませんからね。

そうして人は「怒り」とか「悲しみ」とか、、様々な感情表現を身につけていくわけですが、やっぱり怒りの根底には

愛されてないという寂しさ・悲しみ

自分の存在が承認されていない感覚

こういうものがある。

(全てではありませんが!)

だから、この男性は「月」=男性にとって母親や伴侶となる女性に『大事にされなかった』と感じているのではないか?

もしかしたら、お母さんがいつも仕事で忙しくて、お惣菜ばかり食べていたのかもしれない。

あるいは、妻となった女性が料理が苦手だったかもしれない。

明らかにこの男性の発言は「手料理=愛情」ですからね。

その愛情をもらえなかった欠乏感。

そうして溜まった鬱憤のようなものを見知らぬ女性にぶつけてしまったのでは、、そんな風に感じました。

って、すべて推測ですけど^^;;

、、でね。

こんな風に「理不尽な怒りをぶつけてくる人」って、たまに出くわすじゃないですか。

たまにならいいけど、同じ職場になったりすることもある(汗)

でも、こうやって「怒りは悲しみなんだって思っておけば、ちょっとその人の対応がしやすくなると思いません?

「あ〜〜〜嫌だけどかわいそうな人だし」とか。

子どもが怒ってるんだ〜と思えば良いいんです。

そうしたら自分も「私が悪いことしたかな!?」とか気にしなくていいし、楽ですよね。

そういう切り替え方の一例になればいいかなと思い、ちょっとこのお話を取り上げてみました。

[temp id=2]

[temp id=3]

-ホロスコープのこと, サイン(星座)について, 惑星について
-, , , ,

© 2020 星を味方にわたしの才能を輝かそう♪ Powered by AFFINGER5