牡牛座の性格とストーリー【12星座を人の一生に例えると?】

サイン(星座)について
スポンサーリンク

12星座それぞれの特徴を知って

  • 星座ごとの性格やキャラが分かるようになる
  • そのため自分の性格や才能によりいっそう気づく!
  • 身近な人の星座を知ることで、良好な関係を築く

これらのメリットを受け取りたいあなたへ☆

こんにちは!  

自己否定を手放して、ホロスコープ&オリジナル天然石アクセサリーで望む私を生きる。

星よみセラピストのYUKAです♪

星座のテーマを知ることで、自分という素材を活かして望む未来を創るために使えるし、あるいは人と良好な関係を築く大きな手がかりとなる♪

ということで、、。

”12星座を人の一生に例えて解説していくシリーズ”、

今回は第2弾・牡牛座についてです。

牡牛座について深く知ることで、その才能をこれからもっと輝かせてほしいなと思います☆

牡牛座は『幼児の女の子』

 前回は牡羊座のテーマとその限界についてお話ししました♪

その時の記事はこちら↓

注目 牡羊座の性格とストーリー【12星座を人の一生に例えると?】

簡単に内容をおさらいすると、

「牡羊座というのはピュアで、良くも悪くも頭で考えず、自分の衝動そのままで動くので、ともすれば、ひどく傷ついてしまうこともあるよ」という内容でした。

それで、12星座というのは「一つ前の星座のテーマを次の星座で乗り越える」という役目があります。なので牡牛座のテーマはこの”牡羊座の限界”を乗り越えるテーマになるのですね。

そんなわけで、牡牛座のテーマは何か?というと、

「この世界を知覚することによって、安定すること」です。

牡牛座を人に例えると「幼児の女の子」

幼児なので、だいたい幼稚園生くらいです。

※この時の「女性・男性」というのは、星座ごとに「女性格・男性格」として決まっているので、それに準じています。

牡羊座の赤ちゃんから少し成長して、牡牛座というのは、この世界での安全を確保するために自分の感覚を使って『自分とそれ以外』の世界を探索する段階です。

 なので、牡牛座の人は「食べておいしい」とか「見ていて美しい」「聞いていて心地よい音楽」など…優れた五感の感覚を持っていています。

牡牛座の特性として「芸術家に向いている」あるいは「職人に向いている」と、一見正反対にも思えることが言われることがあるのですが、、

これは五感が冴えているために、例えば優れた聴覚を持っていたら音楽家にもなれるし、優れた味覚を持っていたら料理家にもなれるーただ、「感覚を表現する場所の違い」という感じです。

話を戻しましょう。

牡牛座の世界で大切なのは自分の感覚を使うこと。  

これは他人がどうとかではなく、あくまで自分が主観。

積み木を触ったら「冷たい」とか「かたい」とか、、それこそ人の数だけ「感じたこと」があるわけです。

だから「私がどう感じるか?」がすべてで、優れた感覚とか、面白い独自の感性を持っている一方で、「自分」が基準なのでたまに頑固な一面も。

  もうひとつ、牡牛座の概念として『I have』ー私は所有するーというのがあります。

 自分のものにしたい、持ちたい。

 幼い子供は「自分のモノ」に執着します。

例えば兄妹がみんな全く同じおもちゃを持っている、なんてことがありますね。あれはやっぱり、「自分だけのものが欲しい」という素直な欲求です。

それはまた、自分が使って愛用しているものほど、「自分の一部」という感覚なのかもしれません。

そうして「所有」していることで安心できるのが、牡牛座なのです。

ちなみに牡牛座というのは、「12星座イチ、財運がある」とも言われるように、「溜め込む」イメージがあるのですね。

(財運については牡牛座が「家畜=財産の象徴であった牛」を当てはめられたからという理由もあります。)

  こうして、”たくさん所有している”牡牛座ですが、、

幼い幼児のように「自分だけ」の世界は、確かに守られていて安全です。

でも、いくらおもちゃを持っていたところで、どれも「自分だけ」では、すぐに飽きてしまいます。

新たな刺激や発見は見つけにくく、ここに退屈という限界が来るのです。

このような状況になった時、「自分と、それ以外の世界」から、「他者」という存在が自分の世界に現れます。

安定は崩れるかもしれませんが、ここに他者が介入してくることで、世界が広がっていくのです。

 ここで、次の双子座の世界へ続きます。 

(次回へ続く☆)

 

あなたの持って生まれた才能や魅力、強み、、そしてこれから、どんなワクワクの人生を創造していきたいか?を一緒に考えましょう♪

セッションはただ今リニューアル中です。今しばらくお待ちください※

 

▽自分の本来持っている、”無限の創造性”を思い出させてくれる天然石アクセサリー♪

ピアスとアクセサリーのショップは画像をクリック♪

天然石アクセサリーのショップの画像

コメント