ホロスコープのこと サイン(星座)について 12星座ストーリー

牡羊座の性格とストーリー【12星座を人の一生に例えると?】

12星座それぞれの特徴を知って

  • 星座ごとの性格やキャラが分かるようになる
  • そのため自分の性格や才能によりいっそう気づく!
  • 身近な人の星座を知ることで、良好な関係を築きやすくなる

 

これらのメリットを受け取りたいあなたへ☆

こんにちは!  

ホロスコープとYUKAオリジナル天然石アクセサリーで望む未来を創る。

星よみセピストYUKAです♪

 

ホロスコープには12個の星座があって、上記のように「自分の性格や才能」を知るのにとても役立つものです^^♪

ですが、これらを一つずつ覚えるのは、プロでもない限りなかなか大変ですよね。

 

そんな時に分かりやすいのが、

ポイント

『12星座を人の一生に当てはめる考え方』です!

 

これを読むと、自分の性格はもちろん、、

夫や子供、同僚などが、 何故ああいう言動&行動をするのか?というのがとても分かりやすくなります☆

実際、私はかつて接客の仕事をしていた時に、お客様の星座を参照して「どうすれば目の前の相手が満足してくれるのか?」という戦略を練り、リピート客の獲得に役立てていました。

 

 そう。

ホロスコープは望む未来を創るために使えるし、人と良好な関係を築く大きな手がかりとなるのです!

 そんなわけで、12星座の物語を綴っていきます。

 

牡羊座は『生まれたばかりの赤ちゃん』

牡羊座は12星座の1番はじめの星座です。

 太陽が「牡羊座0度」を通る3月21日頃が、昼と夜の長さが同じとなる、いわゆる”春分の日”と呼ばれます。

(春分の日にちはその年によって異なります☆)

 

そんなわけで、始まりである牡羊座を人の一生に例えると、

生まれたばかりの赤ちゃん  です。

 

 

赤ちゃんが「赤」という色で表されるのは、とてもパワフルでエネルギッシュだから。

 泣きたい時に泣いて、お腹が空いたら食事をする。  

 

ポイント①

牡羊座というのは、こうした赤ちゃんのように、ピュアな自分の衝動をありのままに表現して、勢いよく進んでいく性質を持っています。

 

「過去」や「思考」から選択することが赤ちゃんにはないように、牡羊座の人にとっても、今の自分の感覚というものが大切なのですね。

 

一方で、牡羊座のキーワードに「勝負や競争」というのがありますが、 これは自分の感覚にとにかくまっすぐ突き進むからこそ、誰かとぶつかることもある、、という感じ。

 

この姿勢は時に無謀であったり、敵を作ってしまうようにも感じられます。

でも、その計算のない純粋さこそが、牡羊座の最大の魅力ではないでしょうか?

 

子供を見ているとよく分かるのですが、彼らは「私がこのおもちゃで遊ぶの!!」と喧嘩をする時は本気でおもちゃの取り合いをします(笑)

それはもう泣いたり喚いたり大変です。

 

でも、その喧嘩が終わるとあっけらかんとして、何事もなかったように一緒に遊んでいる、、。

その時の自分の感情を思い切り放出しているので、すぐに気が済むのです。

 

牡羊座の世界の「勝負」もこんな感じです。

真っ直ぐだからこそ、正々堂々・公正に勝負するし、後にも先にもクヨクヨ考えたりしない。

ポイント②

わがままとかではなく、明るくピュアで一生懸命、だからこそ人に応援されちゃうのです。  

 

そうして自分の衝動や直感に従ってガンガン進むからこそ、「リーダーやその道のパイオニア」になっていくタイプ。

そのため指導者というよりは、「その道の先駆者」といったイメージが近いかもしれません。

誰も踏み入れたことのない未知の領域。

これも「始まりの星座」である牡羊座的な事柄です。

 

でも、、。

赤ちゃんのように自由に突き進んでいると、あちこちぶつかります。良くも悪くも「思考で考えず、衝動そのまま」なので、ともすれば、ひどく傷ついてしまうこともあるでしょう。

これが、牡羊座の世界の「限界」です。

 

では、傷つかないためにはー安定のためにはどうすればいいか?

そこから、次の牡牛座のテーマが生まれます。

(続く☆)

 

 

.。.:✽·゚+.。.:✽·゚+.。.:✽·゚+.。.:✽·゚+.。.:✽·゚

 

セッションを行っています♪


ホロスコープであなた本来の魅力に気づく

詳しくはコチラ>>

 

天然石アクセサリー制作してます


ショップ“Puis”

ショップへ行く>>

-ホロスコープのこと, サイン(星座)について, 12星座ストーリー
-, , , ,

© 2020 ホロスコープでわたしの才能を輝かそう♪ Powered by AFFINGER5