コロナが今、問いかけてくること

わたしの話
スポンサーリンク

コロナが問いかけてくること

こんにちは!YUKAです。

今日、「緊急事態宣言」が発表されることになりましたね。

うちの子供2人は保育園に通ってるのですが、4月の頭からはコロナのことがあって自主的に休園しています。

保育園が大好きな子供には悪いけれど、近くの地域で感染者が出たこともあり、仕事よりも子供たちを優先することにしました。

都内に出勤しないといけない夫のことは心配ですが、、。

とまぁ、

私もこんな風にコロナの影響を受けてますが、ひとつ良かったことがあります。

それは「子供と過ごす楽しさ」を再確認できたこと。

いつも週5で保育園に行かせていたので、こんなに長い時間3人で過ごすのなんて久しぶり。

そりゃ腹の立つこともあるけど、やっぱりまだまだかわいい子供たち。

(仕事はできないですが!)

この時間ができたことは私にとってはありがたいことでした。

。。。

私は実は、コロナ前から仕事が苦しくなっていたのです。

在宅ワークをしてましたが、いろいろ重なって

「これって子供を預けてまですることなの…?」と、ずっと葛藤があった。

そうはいっても、保育園は1度退所すると再び入れる確率はほぼ0になるので(うちの場合は)、状況を変える踏ん切りがつかず、、。

でも、こうして強制的に子供といる時間が増えたことで、やはりライフスタイルを変えていこうと、気持ちが決まりました。

。。

こうして考えると、

コロナは少なくても私にとっては

本当に大切なものは何か?

今後、どうやって生きていくべきか?

を問いかけてくる存在です。

。。。

2020年は木星・土星・冥王星の絡み合った大きな変化の年です。

いまは「シフト」のとき。

だから、自分と向き合うざるを得ない。

これは、「努力」とか「我慢」とかいう意味ではなくてね。

私が好きなバシャールの言葉に

「本当は物事はとてもシンプルです。

自分に厳しくしないであげてください。」

というのがあるんですが、その通りで。

シンプルに

私はどうしたら素直に嬉しいのか?

これと向き合うってこと。

私も、今回の騒動をきっかけに、「自分がやりたいと思ってたこと」ー例えばこのブログとか、絵を描くとか、、半ば、自分の中でちょっと義務的になってたことも手放してみました。

そうしたら、ものすごく気持ちが楽になり。

自分が、いかに自分を縛っていたか、、

ただ純粋に「楽しむ」ことに制限をかけていたか、、

気がつきました。

というわけで、私は今、スローダウンしたことで「ただ、今生きていること」の喜びを噛み締めています。

まだまだ大変な状況は続くと思いますが、長期戦になりそうなのでね。

おいしいものを食べるとか、、

ゆっくりおお風呂に入るとか、、

リラックスしていきましょう☆

コメント