ホロスコープのこと サイン(星座)について 仕事のお悩み 鑑定のシェア

柔軟宮は興味を絞らなくていい♪

こんにちは!

星よみセラピストのYUKAです☆

今回は、”柔軟宮の悩み”について。

実際に寄せられたご相談をもとに、内容をシェアさせてもらいます^^

ジャンルを絞れない、というお悩み

先日セッションを受けてくださったYさん。

お仕事のことで"ジャンルを絞れない"とお悩みでした。

ホロスコープを見てみると、Yさんは太陽が双子座。

ふむふむ。

好奇心旺盛で頭の回転が早く、色んなことに興味があるタイプですね。

さらにはその他主要の星(アセンダントや月)、MC(使命や仕事)と、すべて『柔軟宮』でした。

もうこれ、

回答としては「ジャンルを絞らなくて良い!」「興味があることをどんどんやろう!」ということです。

Yさんは「え?いいんですか!?」と半信半疑の様子でしたが、、(笑

柔軟宮って何なのか?をここで説明すると、星座には「固定性」という概念があって、「活動・不動・柔軟」の3つに分けられるんですね。

柔軟宮に該当するのは”双子座・乙女座・射手座・魚座”で、これらのサインは二重性があることを示しています。

この柔軟宮の特性としては、しばしば”優柔不断”などと言われるんですが、迷うのは「あれもいいな、これもいいな」と色んなことに興味があるからです。

だから、ジャンルを絞れなくて当たり前!

"好奇心旺盛で、色々できる"ことは立派な才能です♪

日本では仕事でもなんでも、一つのことを極めるのが良いって風潮があるかと思うんですが、、。

ここで一つの例をお話しします。

私の友人に、海外在住の絵描きの子がいるんですがね、彼女もやっぱり双子座です。

彼女も始めは、油絵というジャンルから入りましたが(大学は学科分かれてるしね)、でも今では油絵だけにとらわれず、カラフルな絵を描いたり陶芸をやったりしています。あとは絵の先生もしているし。

インスタには自分の作品の他に飼い猫ちゃんの写真をあげたりしてて、かなり自由です(笑

こんな風に、柔軟宮の人は自分の興味をどんどんやっていくことが才能を開くカギとなります

だから、世間一般の価値観よりも、自分の星(才能)を生かした方がいい、と私は思うんですね。

柔軟宮を生かそう♪

この記事を書いていて、そういえば私も魚座のサインが強く、昔は優柔不断で弱い自分が嫌だったな、と思い出しました。

(▽その悩みについてはこちらに詳しく書いてます♪)

https://hoshiyomi-styling.com/uoza-tudukanai/

でもだからこそ、魚座的な活動、、(スピっぽく、さらに人の気持ちに共感するという)ホロスコープセッションが出来ているんですね♪

こんな風に、自分の柔軟宮が嫌な方は意外といるかもしれません。

でもそれ、才能です!

改めて、星は使いようだと思ったのでした(^ν^)

-ホロスコープのこと, サイン(星座)について, 仕事のお悩み, 鑑定のシェア
-, , , ,

© 2020 星を味方にわたしを輝かそう♪ Powered by AFFINGER5