新月に向けて自己否定をとことん手放そう♪♪プロジェクト4日目

意識と現実創造
スポンサーリンク

こんにちは!

自己否定を手放して、ホロスコープ&YUKAオリジナル天然石アクセサリーで望む私を生きる。

星よみセラピストのYUKAです♪

17日の乙女座新月に向けて、自己否定をとことん手放そう♪♪プロジェクト4日目です(*^O^*)/

昨日の記事はこちら↓↓

昨日は、「自分の過去のモヤモヤやトラウマを手放す」ことをしてもらいましたね。

今日はそれよりもちょっと踏み込んだワークをやってほしいなと思います。

ひょっとしたら、17日新月までにご紹介する中でこれが”1番しんどいな、、”という内容かもしれません^^;。

でも。しんどいということは、「これまで触れてこなかった自分のブロック」ということでもあるので、、ぜひ!!この大変革の起きている今このタイミングで、手放してしまいましょう!

自己否定をとことん手放すワーク4日目

さて、、

今日向かい合ってもらうのは、『あなたの親との関係』です。

いつものノートを取り出して、

あなたが親に対して感じてきたこと(過去現在含めて)

辛かったこと、腹が立ったこと、がっかりしたこと、、

思いつくままで結構です。「親に対する、これまで感じてきた自分の気持ち」を、正直に書き出してみてください。

そして、親に対してかなりネガティブな感情が溜まっているな、、と感じたら、2日目に行なった『とことん、罵ったり怒ったり、溜め込んできた感情を声に出す』といった、感情の吐き出し作業も一緒に行なってみてください。

なぜ親との関係を見直すのか?

やっぱりね、人間関係って「自分の親との関係」がベースになるんですよ。

だから自己否定が強いっていう人は、親との関係にコンプレックスを抱えていることが多い。

親がとにかく厳しかったり、威圧的なタイプだったり、あるいはしょっちゅう両親が喧嘩していたりすると、子供はどうしても「私がダメだから、、」って、思ってしまう。

そういう過程で『私は愛されない存在なんだ』って刷り込まれてしまうのですね。

だからこそ、自己否定の大きな原因となっている「親へのコンプレックスを見つめる」というのは、自己肯定感を育むためにとても重要です。

もしどうしても辛かったら、無理する必要はありません。

自分のペースで構わないので、とにかく「自分の本音と感じてきたことをノートに書く」という作業をしてみてください。

この時大事なのは、自分に対して「親なのに、こんなひどいことを感じる自分はダメだな」と決して思わないこと、、。

「本当はどう思った?」「あの時、親にどうして欲しかった?」と、、とにかく自分に対して優しく優しく聞いてあげてください^^*

それでは、、

自分の感情をノートに一通り書き終えたら、まずはその「書いたことや、自分の感情」をじっくり見つめてみてください。

「良い・悪い」で判断するのではなく、「あ〜私はこんな風に感じていたんだな」と、、ただ傍観する感じです。

ただ見つめるというのは、あるがままを受け止めるということです。

それだけで、あなたのインナーチャイルドは喜びますから、、^^

怒りや悲しみが湧いてくるかもしれませんが、その感情ですら、ただ見つめてあげてください、、。

本日のワークは以上です♪

今日気づいた「親に対する思い」の手放し方は、また明日紹介しますので、今日はあなたの大好きな飲み物を飲んで、ゆっくりお休みください☆

少し涼しくなってきてますので、風邪をひきませんように^^

ここめでお読みくださり、ありがとうございました!

 

あなたの持って生まれた才能や魅力、強み、、そしてこれから、どんなワクワクの人生を創造していきたいか?を一緒に考えましょう♪

セッションはただ今リニューアル中です。今しばらくお待ちください※

 

▽自分の本来持っている、”無限の創造性”を思い出させてくれる天然石アクセサリー♪

ピアスとアクセサリーのショップは画像をクリック♪

天然石アクセサリーのショップの画像

コメント