【射手座のトリセツ】とにかくスケールの大きいお義母さん

サイン(星座)について
スポンサーリンク

こんにちは!星よみセラピストのYUKAです。

実は連載中の山羊座の記事を書こうと思っていたのですが、タイムリーに射手座のお義母さんから家族宛にプレゼントを頂きまして

あ、これ射手座の性質そのまんまだ!

と気がついたので、ちょっとこの体験をシェアします^^

これを読むと、射手座の人(だいたい11月下旬〜12月半ば生まれ)との付き合い方が分かるかと思います☆

射手座に人はとにかくスケールがでかい

射手座イメージ

いつも大量に届くプレゼント

私のお義母さんはとにかく良い人で、イベントごとに子供達にプレゼントを送ってくれるような方なんです。

私が第2子妊娠中でしんどかった時も、そうめんをお取り寄せしてくれたりして。

(何か欲しいものある?と言われ、食事もままならなかったのでそうめんをリクエストした。笑)

ただし、このプレゼントの量がすごい。

そうめんを頂いた時も、大きな桐箱に入った大量のそうめんにびっくりでした。

どれくらいの大きさかというと、宅配ピザLサイズ2つぶんくらいはあった。(高さはもっと高い)

あれに、そうめんがきれいにビシッと敷き詰められていて、我が家ではその年中に食べきれなくて今もジップロックに保存しています。

あとは、夫の好きなふりかけが大量に詰められていたり。

上の子用に「白いフリースが欲しい」と伝えたら、子供2人分の白いトップスをたくさん頂いたり。

そう。とにかく、たくさんくれる(笑)

もちろんありがたいんですけど、たまに困るくらい、くれる。(笑)

「あ、このスケール感が射手座なんだ」ってことなんですね。

細かい事は気にしない

でですね、射手座の人ってスケールが大きいから、細かい事はあんまり気にしない。

さっきのプレゼントでいうと、「上の子用に、ユニクロの白のフリース120サイズを欲しい」って伝えたんです。

ちなみにこれ、「クリスマスプレゼント何がいい?」って聞かれたから返事をしたんです。催促したわけでなく(笑)

欲しかったフリースというのは、あのユニクロの前びらきのオーソドックスのやつです。

そうしたら実際届いたのは「クルーネックのTシャツタイプのフリース」だった。しかもやっぱりたくさん入れてくれてる(笑)

あれ??(笑)

リクエストを伝えたのは夫だったので聞いてみると、商品リンクや画像を送ったのではなく「フリースって言えば通じると思ったから。」だそう。

まあ確かにそうだけど、、画像送ろうよ!

‥と、これは夫の手抜きでもあるのですが(笑)

射手座の人からしても、たぶん「これでいいか確認しよう」ってあんまりないと思います。

「白のスリースを送る」ってところに主軸があって、目指すところへどんどん進もうぜ!って感じなんですね。

これはおそらく火のエレメンツ共通の特徴ですね。

射手座の人と円滑なコミュニケーションをとるには

だから、射手座の人とコミュニケーションを円滑に取るためには、

はっきり具体的に伝えること。

これ大事。

私はがっつり『水』星座タイプなので、はっきり意見を言うとか、プレゼントのリクエストをするのは勇気がいる。

お義母さんだからということもありますが、こういうもとの性質もあって、はっきりこれがいいとかはあまり言えないんです(笑)

でも、射手座とか火の星座タイプ(牡羊座や獅子座)からしたら「はっきり言って欲しい」んですよ。

どうして欲しいか言わなきゃわかんない、ってタイプです。

スケールが大きいというのも、喜ばそうとしてくれてるんですよね。

そして射手座や火のタイプの方は「はっきり言えない人もいる」ってとこを知っておくと、いろんな人とうまくいくんじゃないかと思います。

けっこう火の人は「なんではっきり言えばいいのに言わないの!?」っていうタイプが多いように感じます。単純に分からないからだと思うのですが。

でも他のエレメントからすれば「言えない理由がある」んですよね。

例えば習い事のピアノを辞めるのか辞めないのか。

火のタイプのお母さんなら「続けるか続けないか、はっきりしなさい!」ってなる。

でも、子供が他のタイプだったりすると、ピアノは楽しくないけど「辞めたらお母さんや先生が悲しむから」とか「同じくピアノをやっている友達に申し訳ない」とか、けっこう状況を読んで言えなくなってる場合もある。

「はっきり決断できない」んじゃなく「いろんな状況や人の気持ちを読み取っている」のだということ。

星座を理解することで、互いのことを理解できる。

最後は相性的な話になってしまいましたが、こうしてホロスコープを日常に活用して欲しいと思うYUKAなのでした。

コメント

  1. […] 太陽が射手座というのもこちらで書いたように「とにかくスケールが大きい」ので、やるならとことんやる、という力が攻撃の方へ発揮されてしまったようです。 […]