ホロスコープ 星座(サイン)について

射手座の性格とストーリー【12星座を人の一生に例えると?】

  • 星座ごとの性格やキャラが分かるようになる
  • 自分の性格や才能によりいっそう気づく!
  • 身近な人の星座を知ることで、良好な関係を築く

これらのメリットを受け取りたいあなたへ☆

 

こんにちは!

ホロスコープと宇宙の法則で私を輝かせる。

星よみセピストmarinです♪

 

星座のテーマを知ることで、自分という素材を活かして望む未来を創るために使えるし、人と良好な関係を築く手がかりとなる♪

 

ということで、、。

”12星座を人の一生に例えて解説していくシリーズ”、今回は第9弾・射手座についてです。

 

射手座について深く知ることで、その才能をこれからもっと輝かせていきましょう☆

 

射手座は『海外進出したい中年期の男性』

前回の記事はこちら↓

注目蠍座の性格とストーリー【12星座を人の一生に例えると?】

蠍座の性格とストーリー【12星座を人の一生に例えると?】

続きを見る

 

前回のおさらいをすると、蠍座には「隠されたものを扱う」というテーマがありました。だから、人でも物でも、対象と深く深く関わろうとするのです。

そんな蠍座の世界の限界は、「重くて息苦しい」というもの、、。

メモ

12星座というのは「一つ前の星座のテーマを次の星座で乗り越える」という役目があります。

 

 

そこで次の射手座の世界では、「広い世界へ飛び出て、知識を深めること」がテーマとなります。

射手座を人の一生に例えると『海外進出したい中年期の男性』。

(※天秤座以降の7星座は、年齢の区分もざっくりとなります。)

 

 

蠍座の狭くて深い世界で息苦しくなった反動のためか、今度は思い切り広い世界に羽ばたこうとします。

 

”仕事ではある程度の役職につき成果を上げてきた。

このあたりで海外へ出て、実力を試してみようじゃないか。”

 

射手座の人というのは、こんな風に一定の知識や経験を持ちながらも、さらにそれを高めようとするチャレンジャーです。

そこにあるのは恐れや義務ではなく、「冒険心や向上心」。

射手座の人というのは、良い意味で楽観的なのです。

 

それでは、海外で成果を出すために大切なこととは何でしょう?

仕事のスキルももちろん重要でしょうが、まず何よりも重要なのは、その国の信仰や文化を知ることです。

例えば、ある国では「牛を食べてはいけない」と決まっているのに、そこで牛肉のハンバーガーのお店を出したら大変なことになりますね。

 

海外へ行くことと、宗教を知ること、そして様々な知識を得ることーーこれらは密接に結びついて、射手座の世界の管轄なのです。

 

そのため、射手座は哲学や宗教など、、いわゆる”高度な学問”のサインだと言われます。

他の「知性的」なサインと比べてみるとー例えば双子座では、「知識を得ること」と「コミュニケーション」が結びついています。乙女座もその知性によって、「周りの世界を分析」します。

 

でも、射手座的「高度な学問」というのは、他のサインより、もっと抽象的です。

哲学や宗教で扱うのは、「なぜ人間は生きるのか?」とか「この世界の成り立ち」ということーー普遍的で、全人類に共通するようなスケールの大きさがあります。

宗教も、もとは「神の教え」といった大きなパワーや真理の追求です。

これも、冒険者の射手座らしい学問といえばそうですね。

 

 

広い世界に出て冒険する。このような生活は自由で刺激的です。

でも、、

旅というのは、いつも重い荷物を引きずりながら、宿を探さなければいけません。

冒険の最中は、「帰る場所」も「決まった安息の地」もない、、。

 

これが、射手座の世界の限界です。

放浪の生活に疲れた時に、「帰る場所」をつくることーー。

ここで、次の山羊座へと移ります。

(次回へ続く☆)

 

 

 

.。.:✽·゚+.。.:✽·゚+.。.:✽·゚+.。.:✽·゚+.。.:✽·゚

 

鑑定を行っています

メール形式で鑑定書をお作りしています。

あなた自身の性格や長所、使命や課題を知って、ますます自分自身を輝かせていきましょう☆

 

 

 

天然石アクセサリー制作してます

天然石(パワーストーン)でピアスやブレスを制作しています。

ショップの方もぜひ見てみてください♪

 

 

☆こちらの記事もぜひ読んでみてください!


私がホロスコープを始めた理由♪【後編】

続きを見る

-ホロスコープ, 星座(サイン)について
-, , , , ,

© 2021 ホロスコープでわたしを輝かそう♪ Powered by AFFINGER5