意識のまなび☆申し込むまでの出来事【強制終了と完璧な流れ】

意識と現実創造
スポンサーリンク

こんにちは!星よみセラピストのYUKAです^^

いやあ、、

HTLでの学びがすごい!楽しい(´∀`*)

<HTLとは?>

HTLとは、Happyちゃんの意識の使い方が学べる集大成の講座です。

これからは自分の備忘録のために、出来事や気づきをここに綴っていきます*

しばらくはそのことがメインの記事になると思います。

インスタでは星座イラストをこれからもアップしていこうと思っているので、@yuka_puisを見てみてね^^

申し込みまでに起こった出来事

それでですね、、

私がこのHTL(ハッピーセオリーラボ)を申し込むときの流れがもうめちゃくちゃすごかったので記しておきます!

ヒーリング強制終了

私、実はこの9月からヒーラーさんに習って、ヒーリングの練習をしていました。

内容は、エネルギーワークっていうのかな?

チャクラやオーラを整えるとか、そういうスピリチュアル系のもの。

とにかく瞑想が大事だということで、毎日瞑想などもしてました。

でも、そのレッスンを続けるうちに

「お金がない!」

という壁にぶち当たり、先生とも色々話し合った末、

12月10日の朝に辞めることを決めて、伝えました。

その流れが、私的にけっこう「あれ?なんでだろ。。」って、謎だったんです。

あれ?今まで楽しくやってたはずなのに、なんで?みたいな。

完璧なタイミング

実はこのレッスンを受けている期間も、私はいつもHappyさんの動画を見てました。

Happyさんの言葉を聞いてると、

「自分は自分でいい」っていう安心感があって、すごく大好きだったからです。

だから上のレッスンを続ける?辞める?で悩んでいた時も、めちゃくちゃ助けられました。

で。

10日の朝にヒーリングを辞めるって連絡して、ひと段落ついたときにこう思ったんです。

「これからはHappyちゃんみたいに、自分が心から大好きな人たちの言うことを自分の中に取り入れよう!」って。

そうしたら。

10日の夜9時ごろかな。

子供を寝かしつけながら、しーちゃんのブログをふと見てみたんです。

(いつもはそんなまめにチェックしてない)

そしたらなんと、

Happyちゃん講座の受講生募集してるやん!!

「えっ!?なにこれ!?」と。

だって、朝の決心からの夜にこれですよ!

しかもHappyちゃんSNS系は一切やめていたから、募集もすごく限定的に行っていたみたいで。

募集期間も3日間とか、それくらいだった。(うろ覚え)

で、私が見つけたのも追加の限定募集のお知らせで、締め切りがなんと11日の0時。

まじか。。

あと3時間だよ!笑

このとき私は、「なんとしてでも、絶対受ける!」と、そっこー申し込みましたw

お金?なんとかする!!って。

このときに、上に書いたヒーリングレッスンに対する違和感に気がついたんですね。

お金を理由にしてたけど、そうじゃないじゃん!って。

先生に本当の理由を言うのが怖くてお金の問題にすり替えてたんだなと、このとき気がつきました。

(その後、そのレッスンの先生に自分の気持ちと気づき、レッスンを途中でやめてしまって申し訳ないということを連絡しましたよ。)

受講のお金はどうしたか

お金は周りの人から借りました。

(言っちゃった〜!!)

なんかね、このとき「タブーに挑戦しよう」って思ったんですよ。

確かに自分でなにか仕事をすればお金は工面できる。

でもこれって、私がいつも失敗してきた「自力だけのパターン」なのね。

実際、そうやって講座のお金を作っても感謝は湧かなかったと思う。

だって自分が頑張ったんだから当たり前じゃん?みたいなw

だからね。

自分を変えたいならタブーに挑戦しよう!と人に頼んでみた。

そうしたら払えましたよ。

もうね、これ、めちゃくちゃ感謝しかない。

めっちゃありがたい!し、私はそれに値する人間なんだ〜って、自己受容も進んだ。

そしてこの事が自分のためにすごく大事だったんだなと、後で講座を受けて気がつくんですが、、。

ひとまず、講座を受講するまでの流れはこんな感じでした☆

うふふ〜。

この流れに自分でもびっくり!

次回からは講座を受けての自分の気づきを書いていきますね〜。

コメント

  1. […] 意識のまなび☆申し込むまでの出来事【強制終了と完璧な流れ】Happyちゃんの「HTL」(意識の学びの講座)を受講するまでの流れがびっくりするほど良くできていたので綴っておきます […]

  2. […] 意識のまなび☆申し込むまでの出来事【強制終了と完璧な流れ】Happyちゃんの「HTL」(意識の学びの講座)を受講するまでの流れがびっくりするほど良くできていたので綴っておきます […]