ホロスコープで見る“いまの日本の流れ”【2月23日天皇誕生日】①

サイン(星座)について
スポンサーリンク

こんにちは!星よみセラピストYUKAです。

すっかり更新の日にちが空いてしまいました。

先週は子供の発熱、確定申告の準備、それに付随して今後の仕事をどうしていくか??、、等々いろんなことを考えていたら私まで子供の風邪をもらってしまい、心身ともにしんどい日々でした(汗)

あ、今はゆっくり休んだおかげで、だいぶ回復しましたよ!!

子供の送迎など、色々協力してくれる夫に感謝です^^☆

不安が蔓延している日本

それでですね、、

私は今回、自分でもびっくりするくらい落ち込みがひどかったです。

確かに上記のことが重なってパンクした、というのがあるのですが、でも「なんでこんな悲観的になってるの??」ってくらい、渦中の時はズタボロで(^^;;

そしてこの状況、ひょっとしたら私だけじゃないだろうと思ったのです。

テレビを見ると連日の新型肺炎の報道に、民間に丸投げしているかのような政府の対応…

毎日こんなニュースばかりで、日本中にこの不安やイライラのエネルギーが蔓延しているのかな、と思いました。

でもね、やっぱりこんな時でも、希望を捨てちゃいけない!と私は思っています^^

不安は不安を、希望は希望を呼びますからね。

なので今日は

2月23日の天皇誕生日のホロスコープ

を解説しようと思います♪(いきなり!(笑))

なんでかというと、ホロスコープ を見れば、今の社会の流れが分かる。

分かれば、怖さも減ると思うんです。

即位後初となる、今年の天皇誕生日。

(一般参賀が中止になってしまったのは残念ですが、聡明なご判断でしたね。)

このひとつの節目の日、このホロスコープが今の日本を象徴するかのような印象的な星回りでした。

2月23日天皇誕生日のメッセージ☆

太陽と月のサビアンの示すこと

以下のホロスコープは2月23日、太陽が最も高く登る11時54分時点の星の配置図です。

まずは太陽と月の関係を見てみましょう。

  • 太陽ー魚座3度;サビアン「狭い半島での交通渋滞」
  • 月ー水瓶座28度;サビアン「さなぎから出てくる蝶」

この2つの天体が、とても象徴的なのです。

まずは太陽のサビアンについて。

このシンボルには、「アイディアや物流など、色んなものを隅々にまでゆき渡らせる」という意味合いがあります。

でも。

今回は”良くないもの”が拡散されてしまいました。

また、渋滞からは

「皆が”一つの道路”にはまってしまって進めず、そして抜け出すこともできずイライラする」

というイメージが。

太陽への火星と天王星のセクスタイルを合わせて考えると「衝撃的で、これまで経験したことのないような出来事」によって、そのイライラが引き起こされることが暗示されています。

これはまさに今の新型肺炎ウイルスのことを指しているように感じられますね。

それで、その対策としてどこを見るかというと、「知性の星・水星」が妥当かと思うんですが、まぁ魚座で頼りない。

海王星も8度以内と、近くにいますからね。

様々な対策を打とうとしても、どこかふわふわして現実味が伴わないような感じでしょう。

一方の、月を見てみます。

月は私たちの「潜在的な欲求」を表します。

月のサビアンは「さなぎから出てくる蝶」で、まさに私たちが

「何者にもとらわれず、自由に羽ばたきたいこと」

を示しているのではないでしょうか。。??

◇◇◇◇

こんなウイルスが蔓延している状況で、本当は誰も満員電車に乗って仕事なんて行くたくないんですよ。

でも行かないと明日の生活がままならない。

これはまるで先ほどの太陽のサビアン、「渋滞から抜けたくても抜けられない状況」です。

じゃあ渋滞してまでどこに行きたいかって、だいたいそういうのは行き先が決まっていて、大型ショッピングセンターとか、人気の遊園地とか…

ある目的に縛られています。

この目的地って、私たちの今の社会で言うと「仕事や今の貨幣システム」でしょうか。

それがあるゆえに「やっぱや〜めた」なんてことができないのです。

だから、余計に苦しい。

それが極まると「何のために生きてるんだろう」って。そりゃあそうなりますよね。

この状況に出口はあるのか

では、この状況に出口はあるのか??

ーーーもちろん、私は「ある」と思ってます!

それを示しているのが「土星&冥王星&木星コンジャンクション」です。

、、と、ここまで長くなってしまったので、続きは次回へ続きます。

お読み下さり、ありがとうございました^^

コメント

  1. […] ホロスコープで見る“いまの日本の流れ”【2月23日天皇誕生日】①新型ウイルスの流行など、不安が蔓延している今の日本。私たちが今どんな流れの中にいるのか、天皇誕生日であ […]