ホロスコープでみる”今”の流れ

サイン(星座)について
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「今の世の中の流れ」をホロスコープから見ていきます*

星を見ることで「あ、今はそういう流れなんだな」という安心に繋がればと思ったので^^

ホロスコープと今の世の中の流れ

※サイト「さくっとホロスコープ作成」さんより

これは、戦後憲法施行日である1947年5月3日と今の日本の星を照らし合わせたものです。

「日本に住む私たちにとって必要なこと」を見たかったので、この日を選んでますよ〜。

さて、ホロスコープを見ると、

戦後の私たちの”目標”は太陽が10ハウス牡牛座で「物質的に豊かになること」だったと言えるでしょう。

9ハウス牡羊座に水星・火星・金星が集中していることから「職業や学業、知性的活動や軍事的なこと、また様々な楽しいこと」など、、つまり生活、と言い換えていいかと思います、これら生活様式を「まっさらな地点から外国から学ぶ」ことで発展してきました。

だけど、その太陽に現行の天王星がコンジャンクション、水星に〈冥王星・土星・木星〉がスクエアです。

つまり「これまで私たちが目指してきた物質的豊かさ、生活様式」がぐわっと変わるタイミングだということ。

それも、「革命」のように、思いっきり変化が起きることが予測されます。

それくらい、パワーのある星が影響しているのです。

この星の流れ、、冥王星と土星の接近は21年の2月ごろから徐々に離れていきますが、冥王星自体は24年ごろまで山羊座のサインにとどまるので、このような「落ち着かない社会情勢」はまだしばらく続くと思っていた方が良さそう。

ちなみにアメリカのホロスコープも日本のものとほぼ同じような配置で、

アメリカのトランプ大統領とディープステート達の攻防を見ていると、まさに「新勢力」「旧勢力」のぶつかり合いだと感じさせられます。

、、と、、。

ここまで読んできて、特に敏感な方は「これから世界はどうなるのだろう!?」と、不安に思ってしまうかもしれません。

でも、これだけは言えます。

今表面に出てきている”恐ろしいと思えること”は、もう出てきても大丈夫だから出てきているのです。

ディープステート達がここまで「あからさま」な感じなのも、それだけ余裕がないのでしょう。

だからこそ、こういった情報を聞いて不安に呑み込まれるのではなく、その上で「望み」や「希望」にフォーカスすることが大事だと私は思ってます(^ω^)

「自分はどんな地球に住みたいのか?」

「なんでも許されるなら、私は何をするか?」

これ。

大事なことってこれしかない!

なぜなら、私達には”想い”を現実化させるすごいパワーを一人一人が持ってるから。

だから皆がワクワクしてポジティブなエネルギーを出していたら、人類だって地球だって良い方向へ行かないはずがないのです。

とてもシンプル!

ホロスコープに話を戻すと、時間は少しかかりますが、土星も木星も冥王星も水瓶座に移って行きます。

水瓶座は自由と平等の星。

今言ったような“私の望みを生きる”ことが、星の流れに乗るコツです^ ^

水瓶座については面白い話があるので、また記事にします!

(”望みを生きる”ための情報は、このブログの「現実創造」カテゴリーにも詳しく書いてるので見てみてね☆)

それではまた♪

YUKA

コメント

  1. […] 前回の記事で「自分の望みを生きよう♪」ってことを書いたんですが。 […]