【ホロスコープは才能】自分を責めるくらいなら、星なんて信じなくていい

ホロスコープのこと
スポンサーリンク

こんにちは!星よみセラピストのYUKAです。

今回は星よみって言いながらそれを真っ向否定するタイトルですが(笑)

私がやりたいのって、

そのホロスコープの解釈が正しいかどうか?なんてどうでもよくて(おい)

その人の人生を輝かせることができるか?

心の詰まりを軽くすることができるか?

ってとこなんです。

だから、「ホロスコープでヒーリング」をしたいし、望む人生を作ろうってことでサイトのアドレスも「星よみスタイリング」なんですね。

(スタイリングは自分で選ぼう♪って意味合いです)

というわけで今回は、ホロスコープよりも何よりもまずは「自分を信じること」の大切さの話をしていきます*

ホロスコープは人生に活かすためにある

鯨のイラスト

ホロスコープが当たる、という言葉の違和感

「ホロスコープって当たる!!」

あるクライアントの方に言ってもらったことがあります。

その人は「すごいね!」とポジティブな意味合いで言ってくれたので、私も確かに嬉しかったんですよ!

でもね。

なぜかその時、私は違和感を感じて、、。

「あれ?素直に喜べばいいのに何だろう」って自分でも不思議でした。

それで、後で気づきました。

当たる当たらないの感覚だと、そこで終わってしまって「自分の毎日に活かす」ことに繋がらないからだと、、。

この視点でいると、よくない星を持っているなら不幸になるってこと?

鑑定を受けた人がこういう風に感じてしまったら嫌だなあ。

それが、その時感じた違和感でした。

あくまで大事なのは”私はどうしたいか”

それでですね。

何が言いたいかというと、ホロスコープは自分の人生をより良くするためのツールだ、ということ☆

だから、自分のホロスコープで良くない星のアスペクトがあるとしても「だから私はダメなんだ」っていう、自己否定につなげてほしくないんです。

「あ、私がうまくいかなかったのは星のせいなんだ。」「じゃあ、どうすればもっとポジティブに人生を作っていけるかな?」ってとこに意識を向けてください!

例えば私は、太陽と冥王星がほぼぴったりと重なっています。

冥王星は、「隠された、大きな危険なパワー」を象徴する星なんですが、それが”人生の目的”である太陽に重なっている、、。

これね、ホントに占い師さんによっては「波乱万丈の大変な星回りですね」って言われかねないアスペクトです(笑)

事実、私は小さい頃から自分はなんで生きてるんだろう?って常に思ってました。

親ともしょっちゅう衝突してて、家を出るまでの18年間って本当に窮屈で、、

よく人生の中で中学2年生って一番楽しいとか言うけど「どこが?」みたいな。もう2度と10代には戻りたくないです(^◇^;)

でもね、この経験があるからこそ、星占いをやっている今の私があります。

私は自分のホロスコープを知った時に、この冥王星があるから、今までこんな葛藤してきたんだ!と深く腑に落ちたし、

その時、解説書が「このアスペクトは乗り越えればカリスマにもなりうるパワーを秘めている」って書いてくれてたんです。

これのおかげで、私は「まじか〜!今まで苦労してきたのは無駄じゃなかったんだ!」って、自分の冥王星を受け入れることができた。

今まで社会に適応しよう、何とか普通に働いて普通にみんなと仲良くして、、っと、自分を周りの枠に当てはめようとしていたけど、それをしなくていいんだ、と許されたような感覚を得たんです。

だからこそ。

ホロスコープを「良い、悪い」「当たる当たらない」だけで判断するのはもったいない!って思うんですね^ ^

あんまりいないと思うけど、もしそんなネガティブな事だけを言う人がいたら、それを信じる必要はないんです。

大事なのは「私の心がより軽くなること」。

まず信じるべきは自分の感覚と、可能性

だから、もしも星占いが自分の心を圧迫したり不安にしているなら、そんなもの信じなくていいんだよ!

そう思います。

まとめ

今回は、私自身がホロスコープを読むにあたって大切にしている事をお話しました。

ちなみにどんな星でも、ネガティブにもポジティブにも、読むことができます。

なので、くれぐれもネガティブな部分を拡大しないでくださいね〜☆

 

あなたの持って生まれた才能や魅力、強み、、そしてこれから、どんなワクワクの人生を創造していきたいか?を一緒に考えましょう♪

セッションはただ今リニューアル中です。今しばらくお待ちください※

 

▽自分の本来持っている、”無限の創造性”を思い出させてくれる天然石アクセサリー♪

ピアスとアクセサリーのショップは画像をクリック♪

天然石アクセサリーのショップの画像

コメント