やっぱり青学・原監督はすごい!【乙女座冥王星&天王星の威力】

あの人の星と才能
スポンサーリンク

こんにちは!YUKAです。

つい先日、「もうひとつの箱根駅伝」という番組を見まして、、

いや〜〜〜!!

もう、めっちゃ泣きそうでした!

(泣かなかったんかい!)

家族がいると恥ずかしくて泣けないんですけど(笑)

すごかった昨年2位の青山学院

あ、もちろんお正月の箱根駅伝も見ましたよ♪

我が家は夫の影響で、毎年、箱根駅伝を見ています。

彼、箱根のガイド本2冊も買ってましたから。

そしてやっぱり、、

今年は青学復活が感動ものでした!!

3年連続優勝してからの、去年は惜しくも2位。

その後は他の駅伝でも順位がパッとせず、、。

やはり2020年の箱根も、優勝は厳しいのではないかと思っていたら、まさかの新記録での優勝!!

「ダメダメ」(だっけ?)と言われていた4年生たちの活躍、

今思い出しても泣きそうです(笑)

選手たちもだけど、やっぱり原監督はすごかった。。

というわけで、そんな青山学院・原監督の才能をホロスコープから解説していこうと思います♪

原晋監督のホロスコープと才能

原監督のホロスコープです。

(時刻は12時に設定、ハウスは参照しません)

太陽・魚座で月・水瓶座。

この二つのサインからすると、かなり愛情豊かな方なのだろうな、と思います。

ホントに分け隔てなく誰にでも愛がある感じ。

ただ、原監督自身、スポーツマン…駅伝選手として走っていたというので、魚座というのは意外でしたね。

魚座ってゆらゆら漂って一貫性のないイメージがあるのでね。

監督は昔から「決めたことはやり通す」性格だったとか。

おぉ、意思が強い。

それは恐らく

  • 太陽オポジョンの乙女座・冥王星&天王星
  • 牡羊座の土星

の影響かと思われます。

(アセンダントも知りたい!)

太陽にダイレクトに影響を与えているのが、この冥王星&天王星コンビ。

これは『圧倒的な力で、常識にとらわれない発想で』物事に取り組むパワーがあるということ。

さらに土星は「課題」なので、人生において『自分の足で立つこと』『情熱を持ってやること』をテーマとして取り組んでいくことになる。

これらの惑星のパワーがあいまって、

圧倒的な情熱と愛情と、斬新な方法で青学を優勝に導いていったのでしょう。

この冥王星&天王星があるからこそ

「広島から東京の大学の監督を決めてきた」と、何の相談もなく突然奥様に告げるという(笑)かなり突飛なことをしちゃうんですよね。

(自分が奥さんだったらヤだけど、すごいw)

で、これらの惑星が「乙女座」なので、やはり”育てる”のが上手。

乙女座というのは「管理・分析・育成」することがめちゃめちゃ得意な星座ですから。

そう考えると指導者として「魚座×乙女座」は最強かもしれません。

乙女座は確かに”管理”が上手ですが、そればかりだと選手が苦しくなっちゃいそうなところを、

魚座(太陽)っていうのは愛が深く、あらゆる垣根を超えた、ある意味「神聖なサイン」なので、いい方へ乙女座を緩めてくれるんですよね。

原監督と選手たちを見ていると、「やるべきことはやって、でも楽しむものは楽しむ」…確かに一見甘く見えるんだけど(一見ですよ)、きちんと「ここまでは良いけどこれ以上はダメ」という線引きがあるように思います。

そして忘れてはならないのが、同じく東京の寮へ移り住んだという奥様の存在。

原監督の理想の相手(火星)は蠍座なので、監督に対して深い深い愛情を持っている奥様なのでしょう。

月と金星がセクスタイルなのでパートナーシップも良好そうです。

以上が原監督の”星と才能”です♪

ここまで色々あったと思いますが、青学が再び優勝して私も嬉しいです!

「ダメダメ」とまで言われた(主に)4年生の選手たちがここまで来るのに、どれだけ精神的にも身体的にも大変で、頑張ったことでしょう。

いや、他校の学生たちもみんな頑張っているんだけど。

原監督は「アメとムチ」がすごく上手なんだろうな。

あと斬新な発想もね!

歳を取るにつれて 年々、涙もろくなるわ。

というわけで、今年の他の駅伝や、来年の箱根も楽しみですね。

それでは〜♪

 

あなたの持って生まれた才能や魅力、強み、、そしてこれから、どんなワクワクの人生を創造していきたいか?を一緒に考えましょう♪

セッションはただ今リニューアル中です。今しばらくお待ちください※

 

▽自分の本来持っている、”無限の創造性”を思い出させてくれる天然石アクセサリー♪

ピアスとアクセサリーのショップは画像をクリック♪

天然石アクセサリーのショップの画像

コメント