双子座の性格とストーリー【12星座を人の一生に例えると?】

サイン(星座)について
スポンサーリンク

12星座それぞれの特徴を知って

  • 星座ごとの性格やキャラが分かるようになる
  • そのため自分の性格や才能によりいっそう気づく!
  • 身近な人の星座を知ることで、良好な関係を築く

これらのメリットを受け取りたいあなたへ☆

こんにちは!

自己否定を手放して、ホロスコープ&オリジナル天然石アクセサリーで望む私を生きる。

星よみセラピストのYUKAです♪

星座のテーマを知ることで、自分という素材を活かして望む未来を創るために使えるし、あるいは人と良好な関係を築く大きな手がかりとなる♪

ということで、、。

”12星座を人の一生に例えて解説していくシリーズ”、今回は第3弾・双子座についてです。

双子座について深く知ることで、その才能をこれからもっと輝かせていきましょう☆

双子座は『年長さん〜小学校低学年くらいの男の子』

 前回は牡牛座のテーマとその限界についてお話ししました♪

その時の記事はこちら↓

注目 牡牛座の性格とストーリー【12星座を人の一生に例えると?】

簡単に内容をおさらいすると、

「牡牛座は”所有”することで安心するサインです。

でも、『自分とそれ以外』の世界なので、いくらモノを持っていても、自分だけではいずれ”退屈”という限界が来る、、」という内容でした。

12星座というのは「一つ前の星座のテーマを次の星座で乗り越える」という役目があります。

そんなわけで、双子座のテーマは、

「思考を始めること、好奇心を持って世界を知ること」です。

双子座を人の一生に例えると、『年長さん〜小学校低学年くらいの男の子』

※この時の「女性・男性」というのは、星座ごとに「女性格・男性格」として決まっているので、それに準じています。

牡牛座の世界では「自分の体の感覚で”身の回りを認識する”」というイメージでした。双子座はそこから少し成長して、「考えること」を身につける段階です。

例えば、「バナナが美味しい。好き。」だったところから、「バナナはいつもあの場所にあるんだな。あれをゲットするためにはどうすればいいんだろう?」などと、自分で考え始めます。

だから、双子座の人というのはとても好奇心が旺盛です。

この世界のことがとても新鮮で、「あれはなんだろう?」「これはなんだろう?」と、あちこち移動して、楽しく吸収していきます。

また、ある程度大きくなると、自分に兄弟ができるとか、あるいは幼稚園へ通い出すとか、「自分と両親以外の他者」と関わることになりますね。

そうなると、ますます「知識を獲得して、おしゃべりが上手」になります。

こんな感じで、双子座のサインというのは「言語、書くこと、コミュニケーション」を得意としています。

ただし、、先ほどテーマが「世界を知ること」と言いましたが、双子座で世界という時、それは「社会に出る前の、家族とか幼稚園とか、比較的狭い範囲」を示しています。

やはりまだまだ子供なので、当たり前の前提として、中心にいるのは”自分”です。

なのでコミュニケーションという時も、「自分が知ったこと、考えたことをおしゃべりする」イメージ。

そう考えると、双子座は「書くことが上手」というのも「知ったことを書く」という、、おしゃべりと同じような感覚なのでしょう。

知識を得て、それを表現すること。

こういったことがとても上手な双子座ですが、多くの人と接してるうちに、ある時、壁にぶつかってしまいます。

「あれ?おもちゃを貸してもらったはずなのに、なんでこの子は泣いているのだろう?」

「あれ?作ってたものが壊れただけで、なんでこんなに怒っているんだろう?」

「貸してと言った」とか、「壊して謝った」とか、きちんと「手順を踏んでいる」はずなのに、どうして目の前の相手は泣いたり怒ったりしているのだろう?

「目の前の相手について、いくら考えてもわからない」という限界がやってくるのです。

どうやら、なにか「言葉」や「思考」だけでは説明しきれないものがある、、。

これが、次の蟹座の世界へと続きます。

(次回へ続く☆)

 

あなたの持って生まれた才能や魅力、強み、、そしてこれから、どんなワクワクの人生を創造していきたいか?を一緒に考えましょう♪

セッションはただ今リニューアル中です。今しばらくお待ちください※

 

▽自分の本来持っている、”無限の創造性”を思い出させてくれる天然石アクセサリー♪

ピアスとアクセサリーのショップは画像をクリック♪

天然石アクセサリーのショップの画像

コメント