HSP気質の私が採血・注射の恐怖を克服した話

わたしの話
スポンサーリンク

こんにちは!星よみセラピストのYUKAです。

ここ数日、ショップのリニューアルや子供のお熱など色々バタついていて、今日は家でのんびりしようと思ってたんですが、、

ブログを書くのが好きすぎてついつい書いちゃうので(笑)、今日は私自身の話をしますね。

HSP気質の私が採血・注射の恐怖を克服した話

です♪

注射の恐怖が消えた!

HSPとはなにか?

今回は『注射嫌いの私が恐怖を克服した』って話なんですが‥

そもそもHSPとはなにか?っというと、

簡単にいうと「繊細すぎて生きづらさを感じる人」のことです。

HSP気質の人は感受性が強く共感力が高い分、「痛み」や「恐怖」に弱い。

だから他人が怒られている、という状況を目にすると、そこに共感してしまうがゆえに自分が怒られているかのように感じて、辛くなっちゃうようなタイプなんですね。

これはもう「生まれ持った性質」なんだそうです。

私もこの気質にぴったり当てはまっている人間で、そのためか注射が大っ嫌いでした(笑)

なんかね、、

「針が皮膚に刺さっている」

というのをリアルにイメージしてしまうので、だめなんですよ。

注射って慣れてない人がやると痛いし、それがトラウマになったりして、さらには自分の体調や気分でも痛みが左右されますからね。

(だから妊娠中、つわりでボロボロの時は点滴が痛くて痛くて無理でした…マジで泣いたもん恥。)

特に苦手なのが、採血。

あれ、何本も血を採るから長いんです。

注射の時は自分の腕を見ないようにするんですけど(どんだけ)、

でも、採血って刺してからがあまりに長くて「いま何してんだろ」ってちらっと見ると、何本もビーカーに血をとってたりしてて、それがまた「うわぁ無理、、」ってなったりしてね。

手が汗ばんできてパニックの数歩手前というか。

妊娠中は定期的に採血があるので辛かったです^^;;

あれ?採血が怖くない

それでですね、、

ここまで注射嫌いの私が

今日、採血の時に恐怖がほとんどないってことに気が付いたんです!!

※別に病気とかではなく、私はいつもピルをもらうため定期的に病院へ行っています。

(子供が2人いたら充分なのでね!)

注射の恐怖がないって、もう、私からしたら大大大発見!!って感じです(爆)

それで、なんで恐怖が薄れたんだろう?って考えてみたら。

やっぱりね、瞑想のおかげだって思いました。

過去の記事でもその効能を書いてますがね。

瞑想っていっても大げさなものじゃなく、自分流のやり方でいいんですよ。大事なのは、自分の内側に入ってリラックスすることです。

私は今回、診察前の待ち時間、、これが結構長いので、かる〜く瞑想してたんですね。

私の通っている病院はそこまで大きくなくて、キレイな室内に気持ちの良い音楽が流れていて、、とにかく瞑想にちょうど良いんです!

頭の中の思考をやめて、呼吸に集中する。

これだけで、ずいぶんリラックスできますよ。

特に私のようなHSPだったり神経質だったりする人は、常に頭の中が思考でいっぱいなのでね。

そうやって、いい具合にぽわーんとリラックスして診察に入ったんですよ。

そうしたら、いつもは痛くて嫌な内診も採血も、なんだか平気でした!

びっくり!!

深くリラックスしていると、「信頼」を大きく感じることができるので、

  • この内診や採血も、私を良くするために行うものだと自然に感じられる
  • 余計なことを考えないから「針を刺したら痛い」とか、思考が暴走することがない

こんな理由で、恐怖を強く感じることがなかったのかなと思います。

そういえば、いつも注射の時、看護師さんに

「緊張してるから痛くなるのでリラックスしてください」って、言われてました。

その時は

「いやいやいや!緊張のせいじゃなくて針を刺すから痛いんだよ!!」

って思ってましたが。。

うん、リラックスしてれば大丈夫だったわ。

看護師さんごめんなさいw

、、と、いうわけで結論としては

「瞑想で深くリラックスしていたおかげで恐怖を感じなかった」ようです。

いい発見をした話でした〜♪

 

あなたの持って生まれた才能や魅力、強み、、そしてこれから、どんなワクワクの人生を創造していきたいか?を一緒に考えましょう♪

セッションはただ今リニューアル中です。今しばらくお待ちください※

 

▽自分の本来持っている、”無限の創造性”を思い出させてくれる天然石アクセサリー♪

ピアスとアクセサリーのショップは画像をクリック♪

天然石アクセサリーのショップの画像

コメント