スピード安産だった私のしていたこと①

わたしの話
スポンサーリンク

こんにちは!星よみセラピストYUKAです。

さて、今回は

ものすごくスピード安産だった私が実践していたこと

の話です(^^)

、、というのも、ただでさえ「出産」て怖くないですか?

私は、2人産んでるけど、どちらもめちゃくちゃ怖かった (;´д`)

ただでさえ怖いのに、今はコロナの恐怖まである。

そんなわけで、少しでも妊婦さんのためになればと思って、スピード安産だった私の話を書いてみることにしました☆

ものすごく安産&スピード出産だった私

はじめに「私がどれくらい安産だったか?」の話をしますね。

一般的には、初めての出産だと12〜16時間かかるらしいです。

でも、私の場合は、1人目も2人目も「陣痛で病院へついてから産むまで」トータルで2時間くらいでした!

驚きでしょ(笑)

痛みも、確かに産む時はものすごく痛かったけど、それでも病院まで行く車の中では結構余裕があって、病棟まで歩くことはできました。(当たり前?)

そして、どちらの時も夫や子供に付き添ってもらうことができて、気持ち的にも心強かったです。

産む前はすごく怖かったですけど。

2人目の時なんかは看護師さんから「いきみ逃し上手でしたね!」と、ほめられるくらいでした(^^)!

そんな私が妊娠中、安産のために何をしてたのか?ってことをお話ししていきますね。

安産のために『私がしていたこと』

おすすめなのはウォーキング

私が妊娠してからまずしたこと…

それは「安産のための情報をググる」ことでした(笑)

里帰りせず、夫しか頼ることが出来なかった私は不安で不安で、とにかく情報を集めて。

そうしたら

「とにかく安定期にウォーキングをやってたら、出産は数時間で産まれた!」

という口コミが何件かあったので、「ウォーキングをしたら安産になるんだ」って思ったんです。

1人目の時は、それを素直に実行。中期の安定していた時期は毎日1〜2時間歩きました。(後期はさすがに無理だったけど)

出産予定日を過ぎて産まれる兆候がなかった時も、看護師さんから「掃除とか、動くといいよ!」と言われたので、その日まる1日歩いて。

ちょうど軽めの春用アウターが欲しかったので、街を歩き回ってパンケーキまで食べました(笑)

そうしたら、その夜本当に産まれたんですよ!!

なので、「ウォーキング」は本当に、安産に効果があると思います(^ω^)

体力があって普通に歩ける方は、中期(安定期)はどんどん歩いてください♪

ただし、ウォーキングって人によっては出来ないこともあると思うので、くれぐれも、身体が辛い時にムリするのはやめて下さいね。

大事なのはリラックス!

こんな風に、1人目の時は「歩いたおかげで安産でよかったな〜」と思ってました。

だけど、問題は2人目の時で「切迫早産(疑い)」になったんです。

”疑い”だったので入院にはならなかったんですが、「自宅で安静にしていてください!」と先生や助産師さんから言われ、歩くどころか外に出ることも出来ず。。

「歩けないせいで難産になったらどうしよう?」

って怖くなり(^^;)

でもね。。

こんなときこそ、「私はどんな未来を選びたいのか?」って『意志設定』するのが大事で!

。。。

私が、切迫早産で動けないってことは変わらない。

だったら不安がるよりも安心できる材料を探そう!と。

それで、切迫早産でも安産だった人の情報を集めたら、やっぱりこれも沢山出てきました。

その中で「リラックスできる環境を整えた」っていう方がいて、私もその時本当に「不安がってるよりリラックスすることが大事だよな!」って思ったんです。

なのでその後はテレビを見やすいようにベットのそばに置くとか、近くのコンビニで料理キットが注文できるから利用したり。

とにかく自分が楽になるように!(つまり動かなくていいように 笑)行動してました。

そうしたら、2人目もするっと産まれてくれましたよ(^^)

病院から「怪しいと思ったらすぐ来てくださいね!」と言われていたため、一度陣痛でフライングしましたが(笑)

でも、上のように「リラックス」と「あること」を心がけていたおかげで、2人目はほんと〜〜〜にすごく楽に産めたのでした。

この「あること」っていうのは瞑想なんですがね。長くなったので次回に続きます!

コメント

  1. […] 前回の記事はこちら☆ […]