6ハウスは「仕事」or「苦悩」ーどう解釈する?

ハウスについて
スポンサーリンク

こんにちは!星よみセラピストのYUKAです☆

今回は、占星術家の間でも意見の分かれる”6ハウス”について解説してみようと思います。

何でこんな専門的なことを記事にするのかというと、「私が知りたいから」です(笑)

私自身6ハウスに星が多いのですが、色んな文献を読むと、解釈が違っている。

どれが正しいんだろ?と、長らく考えていたんですが、「私はこういう理由でこう解釈する」と、核が定まってきたので、今回はここを詳しく解説しようと思います☆

6ハウスと恋愛の傾向なんかも面白い研究成果があるので(笑)

読んでみてくださいね^^

現代ホロスコープでの6ハウス

6ハウス=仕事のハウス

だいたい現代のホロスコープでは、6ハウスは「仕事」を表すと考えられています。

仕事運を見るときは2・6・10ハウスを見る、というもので、

  • 2ハウス…金運
  • 6ハウス…仕事や奉仕といった「労働」的な意味合い
  • 10ハウス…使命のハウス。人生における使命、という意味合いなので、この中に仕事も含む感じ

といったイメージです。

なので、「私の仕事運が知りたい」という時は、これらを見て総合的に判断することになります。

伝統的ホロスコープでの6ハウス

6ハウス=苦悩のハウス

「えっまじで」と思いませんか?

私はこの6ハウスに星が多いだけに思いました(笑)

でも、17世期以前の「伝統的」ホロスコープでは

6ハウス=苦悩や厄介ごと、問題のハウス

だと考えられていたそうです。

なんで解釈に違いが出たかと言うと、ホロスコープを輸出入する時に翻訳する過程で誤差が生じたようです。

それで、私はこの伝統的な解釈に、実はすんごい抵抗がありました。

私は人を幸せにしたくてホロスコープしようと思ったのに、「6ハウスがあるから不幸です」みたいに言わなきゃならんの!?

だったら「仕事」ってしたほうが幸せじゃん。

…と。

だからホロスコープを始めたばかりの頃は「6ハウス=仕事」でいこうとしてたんですけど。

自分のホロスコープを見て考えが変わりました(笑)

これから説明しますね。

6ハウスの解釈例

毎度おなじみ、YUKAのホロスコープ です。

5度前ルールを適用すると

金星・土星・天王星の3惑星が、6ハウスに位置していることになります。

これらの解釈を「現代」と「伝統的」で、それぞれ比べてみましょう。

☆現代ホロスコープの解釈

「(使命とかではなく)労働としての仕事は、美しいもの・芸術的なこと・人とは違ったことを職業にしようとするでしょう。その時制限の星・土星があるので自分に厳しくしすぎるストイックな傾向があります。」

という感じ。

う〜ん、、これ、たった今の私が聞いたら、「なるほどなあ」と思うところもあります。現に今、創作活動しているし、ホロスコープ とかやってるし。

だけどね、これがもし20代半ばの私だったら?

私は20代の頃は接客業とか事務職とか、とにかく色んな職業を経験していました。

「困難を感じて職を転々とする」という解釈もできなくはないですが、なんだか私は違和感を感じたんです。

☆伝統的ホロスコープの解釈

「”問題や厄介ごと”を表す6ハウスに『土星』があるので、特に若いうちは色んな苦労を経験するかもしれません。天王星があるのでびっくりするような、普通の人とは全く違うような経験をすることも多いでしょう。また、人生においての楽しみや恋愛を表す金星がこのハウスに入っているので、”楽しみや恋愛”で苦労することも多いかも…。

だけど、”問題”があるということは”解決”があるということ。ここは”医者のハウス”と呼ばれるように、「厄介ごとを経験することで解決する力を身につける」、という風に捉えることもできます。ここに惑星がいくつもあるというのはチャンスでもあるのです。」

ちと長くなりましたが、私が上のホロスコープを「伝統的」に鑑定するとこんな感じです。

そして両者を比べた時に、私がより腑に落ちたのは、「伝統的ー6ハウスは苦悩」の方の解釈だったんです。

ぱっと見、なんだか「伝統的」で言ってることって救いようがないじゃないですか。(笑)

苦労だらけじゃん、みたいな。

でもこれ、まさしく私が今の今まで生きる上で感じてきたことを、そのまま表していました。

土星についても、私は「仕事において」苦労するとかじゃなくて「人生において」苦労してきたという実感を持っています。

本当に物心つく前から生きるのが辛くて辛くて、「同級生の子たちは皆、なんであんなに楽しそうにしてるんだろう?何が楽しくて生きてるんだろう」って、まじでずーーーっと思ってたんですよ。

「周りと感覚が違くて浮く感じ」も、まさしく天王星っぽい。

それで、私は今までこうやって「辛さや苦しさ」を経験してきたからこそ、「問題解決」のためにホロスコープ とか、セッションとかをやっていて。

これは確かに仕事になっていると言えばそうだけど、だけどそれだけじゃ括れないんです。

この経験を人の役に立てる、という、生き方を決めたんです。

ちなみに、この苦悩のハウスに「愛の星・金星」があるので恋愛のことを言うと、

私は「ダメンズメーカー」という言葉がぴったり自分に当てはまると感じます(爆)

色々経験した今ではそんなことはありませんが、昔は本当に自分に自信がなかったし、ノーと言えない性格だったので、なんでもイエスをするわどんな男性にも尽くそうとするわ。。

私の研究では(笑)、6ハウスに金星がある女性は「ダメンズメーカー」な尽くし型の女性が多いような気がしてます^^;

と、まあそういうわけで、、

こういった実感があったからこそ、私は「6ハウスは苦悩のハウス」、という解釈を取り入れるようになりました。

じゃあ仕事はどこで見るんだ?というと、水星や10ハウスで十分な気がします。

6ハウスの意味まとめ

以上、6ハウスの意味について考えてみました♪

私自身は「6ハウス=苦悩」をどちらかというと支持する、と言う感じです。

が。

「仕事や奉仕」と言う意味でも、あながち間違ってないとも思います。

…というか、だからこそこの解釈がずっと今まで残っているのでしう。

伝統占星術家の方は、たまに「現代的な解釈は間違っている」的なことをおっしゃいますが、、

私は「新たに出てきたことや例え間違いに思えるようなことでも、それが起きるのは必然」だと思っているので、白黒はっきりつけなくていーやんと思ってますw

こんなゆるセッションを受けてみたい方はぜひ一度お越しください♡

(オンラインセッションなので好きな時間と場所で受けられます♪)

▽各種セッション、好評受付中です♪

コメント