春分の日の星よみ&メッセージ

サイン(星座)について
スポンサーリンク

こんにちは!星よみセラピストYUKAです^^

さて、ホロスコープでも大きな節目となる「春分の日」を迎えました。

この日は太陽が「牡羊座0度」に位置する、いわば占星術的『1年の始まり』の日です!

今日はこの2020年3月20日のホロスコープ から、”今の日本の流れ”を読み解いていきたいと思います☆

2020年3月20日・春分の日ホロスコープ

こちらが3月20日の春分の日、春分点12時50分時点でのホロスコープ です。

これを見ると

  • 土星・冥王星・木星・火星が山羊座の6ハウスに集中している

ことが分かります。

山羊座的な世界ー”今まで続いてきた堅固な体制”が、大きな衝撃を伴って揺さぶられている状況を示しています。

しかもハウスが6ハウスですからね。

状況はかなり厄介で苦悩を伴う…という感じ。

ブレーンとなる水星は魚座で、「対策」を立てようにも心もとない感じがします。

うーん、これ、、まさに今の世界の状況、コロナの蔓延を示しているようで、私もちょっと驚きました。

今まで強固な地位を築いていたオリンピックが、この危機的状況に対応できずに不信感を招いていることなど、、まさにこの6ハウスで起きていること!という感じです。

(あ、でも今、延期する動きが出てきてますね。)

では、今、私たちが持つべき心構えは何か?

それを知る手がかりとなるのが10ハウスの天王星と金星です。

ここでのキーポイントとなるのは「本当の価値」ということ。

ここで両者のサビアンを紹介してみます。

(サビアンは天体の度数にプラス1しています☆)

  • 天王星;牡牛座5度「むき出しの墓の前にいる未亡人」
  • 金星;牡牛座16度「神秘を暴露するために虚しい努力をする老人」

ここでの詳しい解説は避けますが、どちらのイメージにも共通するのは

本当に価値のあることは何か?ということです。

例えば、「墓の前にいる未亡人」。

未亡人、ということはお墓は夫のものでしょうか。

”死”ー特に大切な人の死は、残された者に多くの「問い」をもたらします。

人の一生はなんて儚いものなのだろう?

これからどう生きるべきか、、と。

そのために、大きな変化が必要になるかもしれません。

でも、大事なことは金星のような「楽しむ心」を忘れないこと!

「なぜこの出来事が起こったのか?」

起こったことに対して、そう考えることも確かに大切ではありますが、でもそれ以上に大切なのは

今、この瞬間

です。

先日、イタリアに住む日本人の方から、こんな話を聞きました。

コロナで大変であろうイタリア、日本から見ればさぞ悲惨だと思えるかもしれませんが。

「外出禁止でも、テレビを見ながら夫婦でワインを楽しんだり、夏に向けて家族で家の修繕をしたり、、。

みんな、普段と全然変わらない。

”きっと良くなるさ!頑張れイタリア!”という言葉が、皆の口から出てくる。」と、、。

幸せでいること、自分らしく安定していることがとても上手なんだそうです。

見習いたいですね^^

こんな状況だからこそ、自分の幸せに責任を持てるのは自分です☆

春分の日ホロスコープ のまとめ

以上、春分の日のホロスコープでした。

この、「土星と冥王星のシビアな流れ」は、恐らく来年の今頃まで続くでしょう。

でもこれ、先ほど触れたオリンピックのように、私たちは今「とんでもない変化の流れ」に立ち会っているということ。

だからこそ、「これからどんな風に生きていきたいか?」が大事で。

恐れにフォーカスではなく、今目の前にある幸せを楽しんでいきたいな、と私も思います☆

それでは^^

コメント