ホロスコープ

2020年は「負けてしまえ」;土星からのメッセージ

こんにちは!

こんにちは!

セラピストmarinです♪

 

あけましておめでとうございます♪♪♪

いよいよ、2020年に入りましたね!!

 

私は1年間の運勢を見る時、わりといつも春分の日を基準にするのですが、、

でもやっぱり、私たちの意識の上で、お正月って大きな区切りですよね。

 

なので

  • 1月1日の土星から読み取る2020年の運勢について☆

今回は解説していきます!

なぜ土星か?というと、この星は「課題」なので、その年の気をつけるべきことが分かるため、です。

 

2019年の土星振り返り

2019年土星のサビアン

今年の流れを見る前に、ちょっと19年を振り返ってみましょう!

2019年の土星サビアンは

山羊座12度;講義をする自然の学徒

 

おだんごの女性
自然の学徒ってなに??

 

これは”自然そのものを先生にして色んなことを学び、それを広めていこう”ってイメージです。

で、土星なので、19年はこれが課題だったということ。

 

去年は日本の至る所で自然災害が起きて、(私の近所の川も氾濫しました)「本当に気をつけて、備えをしなければ、、」と思い直した年でもありました。

「災害が起きるからなんとかしなきゃ」って恐怖にフォーカスになるのは嫌なんですが、、

でも、やっぱり地球の環境が荒れているというのは事実です。

 

私たちはこうした経験から、もっともっと「地球やすべての存在から」調和して生きていく方法を学ばないといけないのかもしれません。

 

(これだけテクノロジーが発達してるんだから、いいリサイクルの方法とか地球に優しいエネルギーとか、できそうですよね。)

こういったことが2019年の1月1日ホロスコープの土星に現れていました。

 

2020年の土星サビアンは、、

さて、いよいよ本題に入りまして、

今年の土星サビアンは

  • 山羊座22度;敗北を優美に認める将軍

 

敗北って何に負けたのでしょう?

 

これは、去年の土星のことを考えると、「私たちの負け(人間の力の限界)を認めていこう」という風にも読み取れます、、。

 

また、ホロスコープというのは「日本の私たち」から見た星の配置なので、「日本人の私たちは何に対して負けを認めるのか?」という視点も重要です。

 

私はこれ、「もう世間一般の価値観に、縛られなくていいんじゃないか、、」ってことかと思いました。

”勝ち組”って言葉がありますね。

素晴らしいキャリアがあって、素敵なパートナーと子供がいて、家も買って車もあって、、みたいな。

 

これがあったらこの世の中で勝ちだよってこと。

、、でももう、その土俵にいるの、苦しくないですか??

 

私も、かつては友達と自分の境遇を比べて、嫉妬していた時期がありました(笑)

友達は豪華なホテルで結婚式をあげたり、、

都内に立派なお家を建てたり、、

 

それと自分を比べて、勝手に自分を惨めな存在、にしていました。

でもね、『どんな状況だろうと今ここの私が最高!』ってしたら、どーでも良くなりますよこれ、、。

 

例えば私は今も賃貸暮らしですが、むしろローンや税金に縛られず好きなとこ住めて、賃貸って最高!!と今では思ってます(笑)

これぞ「優美な敗北」ですw

 

とにかくこうして、2020年は

  • 人間の限界を認めて方向転換すること、、
  • 私たちも勝ち負けの意識を手放すこと、、

 

こういった意識が必要だよ!ということを、土星は教えてくれているように感じます。

 

今年もまだまだ災害や、びっくりするような出来事があるかもしれませんが、

でも、心構えがあれば、まだ準備ができますね。

 

ぜひ、土星メッセージからあなたが必要だと思える行動をしてみてください、、。

 

と言うわけで、2020年の土星メッセージでした。

皆の1年が素晴らしいものになりますように♪♪♪

 

 

 

 

<あとがき>

2019年は色んなチャレンジのあった楽しい年でした!

おかげさまでアクセス数などもググッと増えて、驚きながらも嬉しかったです♪

皆様、ありがとうございました!

-ホロスコープ
-, , , ,

© 2021 私の本質を輝かそう♪ Powered by AFFINGER5