12ハウスを生かしてクリエイティブに生きるYさん

お悩み回答
スポンサーリンク

こんにちは!星よみセラピストのYUKAです☆

前に12ハウスの意味を(ざっくりですが)説明しました。

こちらです☆

それで、6ハウスと12ハウスの解釈について、けっこう悩む方って多いと思うんですね。

私もそうでした。

なぜなら、昔、これらのハウスは

「不運のハウス」=よくない場所

として認識されていたようですし、現在はもっと柔らかい意味合いに解釈されていますが、それについても賛否両論の様々な意見があります。

最初にはっきりいうとYUKA自身はこの2つのハウスを不運のハウスとは捉えていません。

今回は、私がセッションをする中で感じていることと共に、12ハウスの意味について考えていきたいと思います^^

(長くなるので6ハウスはまた別で記事にします。)

12ハウスは不運なハウス?

12ハウスの一般的な意味

12ハウスは伝統的には「不運のハウス」とされてきました。

苦労や悲しみ、恐れ、監禁、幽閉、迫害、重労働、白魔術や黒魔術、自己堕落、自惚れ、隔離された場所など。。

この場所は、”水平線に近く星が見えにくい”ことから、

光が届かない・隠された物事を表す

と考えられてきたようです。

現在、このように12ハウスのことを「不運の場所」だと捉える占星術家はそれほど多くないと思います。

私も12ハウスを良くない場所だとは思っていません。

なせなら、時代によって社会情勢は変わっていくし、社会の枠組みや価値観が変われば占いも変わるのは当然と言えるでしょう。

例えば幽閉や迫害など…昔は宗教や身分などでそういった「理不尽な出来事」に遭うことがあったかもしれませんが、これらの事柄は現代の私たちー特に日本においてーはほとんど無きに等しいことです。

(あったとしても幽閉するとか犯罪ですよね。)

じゃあ12ハウスはどういう意味?

私自身は12ハウスの意味合いについては、

「苦悩を経た上での成功」「一般社会とは隔たりのある場所で活動する」

という風に感じています。

あ、あと12ハウスに月のある人(特に男性)はマザコン気質になる傾向もありますね。

12ハウスの「堕落」とか「人の心につけいる」とかの場所に月(母)が入ると ”特別な結びつき”、、というか依存傾向が生まれるのかなと思います。

まぁあくまで傾向ですが。

話を戻しますね(^^;)

なので、12ハウスに惑星が多いとそのホロスコープを持つ方は「順風満帆でいつもうまくいってて楽しい♫」というよりは、苦労は確かにある。

でも、苦労するからこそ、「昔は色々大変なこともあったけど、だからこそ成長できて幸せ」という風になるのではないかと思います。

これは、苦労を経験するかしないか?どちらがいい悪いという話ではありません。

私はホロスコープは自分で決めてくると思っているので、「それを設定してこの人生で学びを深めていこうとしてるんだな」、という風に捉えています。

クリエイティブな仕事で大成功しているY さんの例

ここで、以前鑑定させていただいたYさん(男性)の例を紹介します。

Yさんは月や土星など、けっこう惑星が12ハウスに集中していました。

それで、Yさんは自宅でクリエイティブ系の仕事をされている、業界では有名な方なんです。

誰しも1度はYさんの作品を目にしたことがあるんじゃないかと思います。

それで、注目して欲しいのはここ!で、

12ハウスに惑星が多いから、「大衆から隔離されてる場所」=自宅でコツコツ仕事をするのが向いている。

そして12ハウスの月と金星・海王星がTスクエアで、豊かな芸術性や創造性をWEBや出版物を通して発揮しているんですね。

作者である自分は隠れて前に出ず、創造物を通して活躍するというのも実に12ハウス的。

Yさんは12ハウスに月と土星のハードアスペクトがあり、昔は女性とトラブルを抱えることもあったようですが、現在は奥様と仲良く暮らしていらっしゃいます。

いかがでしょうか?

私はYさんのホロスコープを見たときに「めちゃくちゃ12ハウスの才能を発揮しているなあ〜!」と嬉しくなりました。

例えば昔は「隔離されている」って、ネガティブな意味合いしかなかったかもしれません。

でも現代はこんなにネットが発達していて、集団活動が苦手な方などは「隔たれている」方がむしろプラスになる場合もある。

本当に星は使い方です。

だからこそ、私は鑑定などでも「12ハウスに惑星が多いから苦労しますよ〜」で終わらせるんじゃなく、「12ハウスにはこういう特徴があって、今まではこういう経験をしてきたかもしれないけど、じゃあこれからの人生にどう生かしていきたいか?」というのを大切にしたいんですね。

まとめ

以上が12ハウスの意味と、その才能を生かして活躍しているYさんのお話でした。

6ハウスについても、こちらは実体験もあるので(笑)また改めて書いていきたいと思います!

ここまでお読みくださり、ありがとうございました^^*

コメント