ホロスコープのこと 月のリズム

今日は双子座・下弦の月。見える世界と見えない世界のバランスを

こんにちは!

[temp id=4]

本日10日は『下弦の月』…先日の満月から、次の乙女座・新月までちょうど”中間地点”の日です。

月のリズムを感じることで、より深く宇宙のリズムと繋がろう♪ということで、、月の満ち欠けから見る「メッセージ」を読み解きます^^

双子座・下弦の月のメッセージ☆

9月10日のホロスコープ、その①

今日のホロスコープです。

月と太陽、そして海王星がタイトにアスペクトしています。(ピンク色の丸で囲った惑星)

これが何を表しているかというと、太陽ーつまり”表に見せている社会的な自分”は理性的な知性を持って、この現実を堅実に生きていることを示しています。

と、同時に向かい側にある海王星が、夢のような空想的なような、、とにかく自由なインスピレーションを与えてくれています。

私たちは、ついつい日常の、目に見える現実のことに捉われてしまいがちですが、この海王星はまるで「自分の内なる声」にちゃんと耳を傾けてる??、、と、問いかけているようです。

その「知的な太陽」と「インスピレーションの海王星」のちょうど中間に、まるで手綱を握るように位置しているのが、今日の双子座の月。

双子座というのは、風エレメンツなので「知性」を表すサインなのですが、同じ風の天秤座などと比べると、より「幼い、あるいは初歩的な知性(学習)」を示しています。

これは幼いから悪いという話ではなく、双子座というのは子供のように好奇心が旺盛で、自分がやりたいと思ったことはひょいっと行動できる軽やかさを持っているということ。

つまり、、

この双子座の月は、「目に見えるこの現実世界(あるいは知性)」と「目に見えない精神世界」、、これからの世界は、このどちらもが大事になっていくよ!どちらのことにも心を開いて興味を持っていこうよ!と…そういうことをいっているのですね。

そしてもうひとつ大事なポイントとして、

今度はオレンジの丸で囲った惑星を見てみましょう。太陽と木星、そして天王星が三角形を描いてますよね。

これは「グランドトライン」と呼ばれるアスペクトで、”超ラッキー”な組み合わせです(笑)

じゃあ何がラッキーなのかというと、、

ずばり、今この時期は『大きな変化を受け入れていくこと』が流れに乗る秘訣です♪

天王星は「革命」の星です。

木星は「拡大」ですから、私という存在に対してこの”革命&変化の波”がぐわっとやってきます。

この天王星は牡牛座なので、「大きな価値観の変容」という感じです。

それじゃあ、どうすればいいか?

これから起こる(起こりつつある)変化を乗り越えるために大事なポイントは

過去を捨てること、です。

積み上げてきたモノコトが一気に変わる時なので、もう、過去に囚われるべきではないのです。

過去でも未来でもなく、今この瞬間を生きること。

今、私はどうしたいのか。

どこへ行きたいのか。

これまでのキャリアも自分の家族も世間的な常識も何も関係なく、とにかく「今」!自分が感じることを大切にしてください☆

過去の栄光にしがみつくこと、あるいは過去の失敗に目を向けることはこの宇宙の流れに反しているので、ぜひ今のタイムラインー「新月に向けた浄化の流れ」で手放していきましょう♪

嫌な過去の手放し方については、こちらの記事も参考にしてみてください♪

あとがき;

先日書いた、「恋愛の相性について、簡単なチェック方法」の記事はタイミングが合わず、準備中です(笑)

近日中にアップするので、どうかお待ちくださいね☆

[temp id=2]

-ホロスコープのこと, 月のリズム
-, , , ,

© 2020 星を味方にわたしの才能を輝かそう♪ Powered by AFFINGER5